転職コンシェルジュ

児童館厚生員(児童の遊びを知ろうとする者)

保育士の資格として働ける場所に児童館や支援センターがあります。児童館って働けることは知ってたけど実際にはどういう働き方をするのか意外と知らない人が多いのではないでしょうか。

今回は児童館で働く児童館厚生士に焦点をあててみました。

 

子育て・保育

 

児童館とは

児童館とは、児童福祉法第40条による児童福祉施設です。地域児童の健全な発達を促すため、地域活動やキャンプやレクリエーションなどを行なっています。児童館は「自立」という目的を基に子ども達一人一人のペースに合わせて、児童厚生員という専門の職員が促していきます。多くの場合は自治体や保護者と連携し、」ボランティア活動など地域で福祉的な街作りを営みます。

児童館の種類と機能

児童館の機能や種類については厚生労働事務次官、雇用均等・児童家庭局長通知により一定の基準が示されています。

小型児童館

地域を対象として子ども達が楽しみながら児童の健康や情調の発達を促し、自治体など子どもの育成を手助けするための総合的な機能を有する施設です。

児童センター

小型児童館に加えて、楽しみながら体を動かしたり遊んだりして心身の発達を計る事業設備を有する施設です。大型の場合は中高生も対象として育成を行なっているようです。

大型児童館

都道府県など広範囲での子ども達を対照とした活動を行なっています。

A型児童館

範囲内での小型児童館、児童センターの指導や連絡調整等の働きをしています。

B型児童館

自然環境に恵まれた地域内に設置され、子どもが宿泊をしながら自然でのレクリエーションを楽しめる宿泊施設や野外施設を楽しめます。

C型児童館

児童館の全ての機能を備え、芸術や運動・科学など総合的な活動ができるように演劇などの舞台活動が楽しめる劇場、美術などを展示したり展示されたものを見れるギャラリー、全身運動ができる屋内プールやコンピュータルームなどが備え付けられ、子ども達の心身の発達以外に情緒や感性も発達を促進することを目的にしています。

児童館厚生員(児童の遊びを知ろうする者)

 

DSC_0557

 

児童館厚生員の基準として厚生労働省令では「児童の遊びを指導する者」と表現され、

・「保育士」「社会福祉士」の資格を持つ者

・高卒以上で2年間以上の児童福祉の仕事に携わった者

・幼・小・中・高のどれか一つでも教員資格をもつもの

・大学で心理・教育・社会・芸術・体育の学科卒業者で、その施設の設置者(都道府県の知事・市町村)が認めた者

と定義されています。

子どもの遊びの指導員

児童厚生員の仕事は保育士と似ている部分が多く、児童館や児童遊園を訪れた子どもに安全で自由に遊びながら自主性を育てるサポートをしている仕事となります。都市化や核家族で子ども同士の結びつきが弱くなっている状況が生まれる中、遊びや運動・芸術の活動の中で子ども達が成長し他者との結びつきをサポートしていきます。館での行事を企画し四季の移り変わりを意識させたり、日本の伝統を楽しんでもらう・工作室での創作活動や音楽室で楽器を楽しんでもらう、図書室で絵本などを読んだり厚生員が読み聞かせて本を理解し感じて楽しんでもらい親しんでいけるように手伝いが具体的な児童館厚生員の仕事にあげられます。

学童クラブの併設

児童館の中には学童クラブが設置されている場合があります。その場合は、学校が終わり児童館に帰ってきた子ども達のためのおやつを作ったり宿題を見てあげ学校での様子などを話してあげる家庭での役割もになっていきます。

雇用形態や初任給

こちらは公営設備の場合は公務員になるので自治体の基準に従うこととなります。こちらは定時の常勤ですね。児童館の中に子育て支援センターがある場合など同じ施設内に複数の機能がある場合、役職は兼任になる場合があります。児童館ごとにパートタイムや非常勤で働けるケースもあります。

私立の場合は、経営規模や本人の経歴なども給与の査定に入るようです。

児童厚生員は全国に約1万人います。児童館や地域子育てセンターは大幅に増設されていて特に現在は世論も加わり大幅に伸びていくでしょう。ただ、公務員の場合は専門職として決まるより公務員試験を合格し採用された後に適性を見て配属されている傾向があるため資格を持っているから必ずしも児童館厚生員になれるわけではないようです。しかし、不登校や家庭内での問題が世間的にも関心が高くなっている今、保育士などを含め地域とのソーシャルワークが求められているため、この職業の価値は高まっていき求人も必要価値が高まるでしょう。

児童厚生員になるためには

児童厚生館は現在、児童福祉施設として保育園に次いで多い施設となっています。その多くは公立となっており、それ以外での公立での働き方は運営を委託された社会福祉法人や協会に採用される場合があります。市町村区の児童館担当などに聞いてみましょう。

また、私立では保育園を運営している法人が児童館を運営しているケースが多いようです。採用試験は筆記や論文がありますが面接だけという場合もあり運営母体によって条件や資格などが違います。転職支援サービスなどは転職者は無料で使用できるためこちらから情報を聞いてみるのも良いでしょう。

児童厚生指導員の資格

児童厚生2級指導員

児童館や地域子育てセンターの機能や内容を理解するための資格です。子ども達が遊びやレクリエーション・生活の場から成長していけるように促すことを目的とした資格です。児童厚生員に着任してから3年以内に取得するのが望ましいと考えられています。

児童厚生1級指導員

児童館で指導的役割を担うと共に自治体や関連機関とをうまくまとめ連携や調整を行なうソーシャルワークを行えることを目的とした資格です。児童館だけでなく地域での子育て支援や児童の育成補助活動を視野に入れています。

児童厚生1級特別指導員

平成21年4月に資格制度の改正により新設されたばかりの資格です。基本的な範囲は児童厚生1級指導員の中ですが、その中でも高い実践力に注視した資格です。高い質を確保するため取得為てからの有効期限があります。時事的問題に対しての情報収集力やその時間軸での問題での対応など変化に対しての柔軟性が特に求められています。

児童健全育成指導士

児童福祉事業のエキスパートとして、経験に裏付けされた実践力とそれを柔軟に保たせる知識を構築していく指導員のための資格です。自治体の行政などに加わり児童館や地域の福祉運動などの発展させることを視野に入れた資格です。

まとめ

保育士と同じく子どもの成長をサポートする役目ですが保育園が生活習慣を身につけさせて行くことを重視していますが、児童厚生員は子ども達と同じ目線にたち遊びやイベントなどを通して心身の発達を志していく形になります。保育士や教諭の資格で十分働けますがステップアップをしたい方には任意の資格があるようです。

働く環境や自治体と密接した環境で運営しているので、施設により働き方や時間が違います。特にイベントなどが大きく違うため児童厚生員が研修で集まったときは面白い話が聞けて勉強になるでしょう。給与体系なども大きく違うのでどこが良いか迷ったら市町村の児童館担当に問い合わせるか転職支援サービスを使用してみるのが良いでしょう。

児童厚生員の資格も保育士や幼稚園教諭の資格を基としていて、最近では大学や専門学校で保育士と共に資格が取れる所ができているので保育士の付加価値として取得為てみるのも良いのではないでしょうか。

関連コンテンツ

最近、需要が高い学童保育指導員とは

 

登録はこちら
登録はこちら
会員登録(無料)