転職コンシェルジュ

保育士の志望動機

保育士資格を取得し、実際に業務に着こうと就職活動を行うに当たり履歴書や職務経歴書を作成致しなければなりません。その時に志望動機が曖昧になる傾向があります。保育士になりたいという明確な意思があり、国家資格取得までしておきながら、その気持ちが伝わらないのは悲しいですよね。

そこで今回は、志望動機をどう記載すれば上手く伝わるかをご紹介します。面接でも聞かれる内容なのでしっかり押さえておきましょう。

main18

採用側の立場に置き換えて考える

志望動機を考える上で特に気をつけたいのは、採用者側の立場に立てるかどうかです。つまり、採用者が自分に何を求めているかを考えることが重要なのです。

即戦力として現場で働けるか

新卒者と違い、転職者は多くの場合にすぐに業務につけることが期待されます。園は人員が不足しているため、転職者を募集しているのですぐに業務を行える人を探しています。

➁即戦力として現場で働けるか

新卒者と違い、転職者は多くの場合にすぐに業務につけることが期待されます。園は人員が不足しているため、転職者を募集しているのですぐに業務を行える人を探しています。

➂自信の経験をアピールする

自信のキャリアを語るときに、成功したことばかり記載しがちになりますが重要なのは失敗も含めた体験です。資格を取得する際に学校・専門学校で行った自信の創意工夫や失敗談、そして何を学びこの職務にどう生かすのかがポイントです。

④プレゼン力

情調が発達する大切な時期に、子供たちに色々なことを教えたり注意しなければなりません。そのため、保育園では「プレゼン面接」を実施する所もあります。事前にテーマが与えられた時間内にプレゼンを行い、面接者の質問に答えます。事前に告知しているため、準備をしっかり行い挑みましょう。課題は保育園に関する傾向が多い傾向にあるみたいです。

登録はこちら
登録はこちら
会員登録(無料)