保育士の勤務時間は本当は何時間?残業時間は計測されていないって本当なのか

目次

  1. 【1】 働くシフトについて

    1. 1. ・早番:7時から16時までの勤務

    2. 2. ・中番:8時から18時

    3. 3. ・遅番:10時から子供が帰るまで

  2. 【2】 保育士の休日

  3. 【3】 実際の勤務時間以外の労働時間があるの

  4. 【4】 まとめ

保育園は残業が多いというイメージがありますが、実際の勤務はどのようになっているのでしょうか。もちろん、園によって夜間の受け入れや延長保育の実施など条件があるので一概には言えませんが、大まかな勤務時間をおさらいしておきましょう。

 

保育士 勤務時間

 

 働くシフトについて

保育園は、多くの場合は早朝保育が実施されているために朝7時から始まります。そして子供たちのお迎えが来るのが夜7時までが多いので12時間勤務が一般的になっています。この12時間をシフト制でずらしているのが現状です。

一般的なシフトとしては以下のものがあげられます

 ・早番:7時から16時までの勤務

主に園に子供たちが来る前の受け入れ準備や早朝保育の子供たちの世話などが入ります。

早番の保育士は1人ではなく、複数の保育士が早番として仕事をしています。朝早い分、退勤時間が早くなっています。

 ・中番:8時から18時

園児の登園に重なる時間帯で保育の中心のシフトです。出勤して、朝礼を行い保育に入ります。

 ・遅番:10時から子供が帰るまで

遅番は夜間保育の子供の世話や保護者のお迎えが来るまで子供たちを見ていくことになります。多くは18時までとなっていますが、保護者の都合で延長がかかり20時までということもあるみたいです。

 保育士の休日

土・日・祝休みの週休2日制を敷いているところが多いです。ただ、土曜日は保育園にくる幼児も多く勤務が入る場合も多いみたいです。ただし、こちらは交代で行われているみたいですね。長期休暇の働き方は、園によっては出勤が発生しているケースがあるので働く前にチェックしておくほうがいいでしょう。また、運動会のイベントなどはどうしても土曜日出勤になっているのが現状です。この場合は、代休が出る園が多いようです。

ただ、気を付けて欲しい所があるのですが土曜保育は実際には園は敬遠しています。この理由は2つあり、1つは保育園は自治体の補助金が運営の大きな資金源なのですが土曜保育は対象外になっているケースが多々です。自治体によっては土曜保育を行う園を指定し別途、補助金のシステムもあるようですがまだ多くに対応しきれていない現状があります。

2つ目は、土曜保育は子供が少ないのですが厚生労働省からの通達で例え子供が1人や2人でも保育士2名、調理師1名。主任保育士もしくは園長が1名の計4名の出勤が義務付けられており、この問題から土曜がサービス出勤で賄われているケースがあります。

 実際の勤務時間以外の労働時間があるの

奨励されているわけではありませんが、実際の話、保育士は仕事を持ち帰る人が多いです。子供がいないときに行う作業が発生するからです。例えば、運動会や発表会などのイベントの準備、保護者のための保育所だよりの作成、保育の1日の報告書や先の保育の計画所を行っています。厚生労働省の調べでは、私立保育園・公立保育園の両方平均で1か月4時間です。(平成26年厚生労働省 賃金構造基本調参照)

しかし、実際にはこのような数字で済んでいないのは明白です。その理由としては仕事の持ち帰りなどのサービス残業が行われているからです。実際には保育士は40時間から60時間以上が行われているところがあるのが実態です。

 まとめ

保育士の仕事は園によって変わります。早朝保育や延長保育・夜間保育がある園では仕事時間が大幅に変わりますしパートさんなども取り入れて運営しているなど風業システムも変わります。勤務時間に目を奪われますが、実際には園によってはサービス残業が生まれているのが実態です。こちらは就業前にしっかり園の実態を理解して入ることをお勧めします。せっかく、子供が好きで保育士になったのだから長く続けていきたいですよね。就職して転職をすぐにしなくていいように心がけて園を選んでいきましょう。