職務経歴書とは

目次

  1. 【1】職務経歴書とは

    1. 1.主要目的は実務能力のアピール

    2. 2.レイアウトが自由

    3. 3.面接で使用されることを想定する

転職では「履歴書」以外に「職務経歴書」が必要となります。履歴書は就職活動で書いたことがあると思いますが、初めての転職の方には職務経歴書はどうやって書いたらいいかわからないですよね。

ここでは、履歴書の作成の要点を紹介いたします。

main6

職務経歴書とは

主要目的は実務能力のアピール

採用担当者に自身のプレゼンをすることが目的です。「実務能力」「能力」「強み」などがわかるようにまとめ、企業があなたを雇うメリットを明確にします。
具体的には、どのような会社でどのような実務に携わり、どのような能力を身につけ功績を残したのか、そしてそれらがどのように転職先で生かされるのかをアピールします。また、保育士以外の資格を持っている場合、こちらでもアピールすることができます。

実務経験がなく資格も持っていない方でも、アルバイトの経験や学校や養成所、勉強している状況、性格や責任感などの面からの訴求が可能です。

レイアウトが自由

職務経歴書は、形式が自由です。それ故にレイアウトや文字の大きさがいかに相手に見やすく伝わりやすいかがアピールポイントとなります。見づらい経歴書は採用担当には見てもらえないこともあります。
採用・不採用に深く関わるため企業ごとに、記載を変える必要があります。
応募先企業の特色や雰囲気を考え、相手企業に自身が必要な人間とアピールします。

面接で使用されることを想定する

履歴書と職務経歴書を作成するにあたり、項目が同じものが存在します。この場合、職務経歴書ではより深く内容を記載しましょう。何故なら、職務経歴書の内容の方が面接での質問に使われることが多いです。また、経歴を自信で簡単に説明することも多いので記載するときには、どの用に面接時にしゃべるのか、想定される質問は何かを考え自分をアピールできる内容に推敲しましょう。