職業情報について

転職お役立ち情報は保育士のためのノウハウ情報です。求人の見方や面接対策をコンサルタントが実際にご紹介させていただいた経験や採用担当者と話した内部の情報を基にご紹介します。転職だけでなく、保育園で働く服装など、実務に関わることも掲載しています。

職業情報について

保育園で働く看護師の役割と仕事内容

保育園で働く看護師がいることをご存知でしょうか?近年、厚生労働省が保育園に看護師を配置する動きを盛んにし、保育園で働く看護師の数が増加傾向にあります。
それに伴い、保育園を勤務先として希望する看護師がふえてきています。一般にはまだまだ認知度が低い保育園看護師、今回はこの職業にスポットを当てて解説してみます。

保育の新しい形、ソーシャルワークとは

近年、チャイルドマインダーやベビーシッターといった保育の働き方の多様化や子供たちの環境が複雑化した関係で保育のアドバイスだけでなく、家庭に対しての問題にもアドバイスを求められるケースが増えています。そして、その問題は保育士の経験や知識だけで対応ができなく、福祉サービスなどに対応してもらうケースが出てきています。

ソーシャルワーク

自分の家でお任せ!ベビーシッターの効率的な頼み方

ベビーシッターは、基本的に6ヶ月~12歳くらいまでの子供たちの保育を行ないます。保育士と同じく子供のお世話がメインなのですが、家庭に入り行なうため家庭でのサポート業務が入ってきます。子供の世話に始まり、掃除・洗濯・食事の支度・買い物や保育園・幼稚園などの送迎などがあげられます。

ベビーシッター

1 2