保育お役立ちコンテンツ

知っておきたい転職支援の見分け方。サイトや紹介会社にも種類があった

転職を考える上で、大切なのは求人をどうやって見分けるか、今回は、転職では一般的になった転職支援の種類についてご紹介します。

人材紹介会社のメリットは下の記事で紹介致しましたが、今回はその人材紹介会社を含む職業を斡旋する目的で運営されているサイトのご紹介を行ないます。

人材紹介サービスを使う上でのメリット・デメリットとは

 企業が求人を掲載している方法

多くのサイトがこの分類に当てはまっていて、保育ぷらす+でも、この形式をもちいています。このパターンの場合は、登録も会員サービスも無料の場合が多いです。紹介会社は、厚生労働大臣の認可を受けているため、会員は安心して無料サービスを実施することが可能です。

企業により、経歴の登録などがある・登録後の電話面談により求人を紹介するなど登録・転職紹介の方法が違うので複数登録をしてしっかり差異を確認しながら薦めていきましょう。

例)保育ぷらす+

画像

 

 

 

 

また、保育士以外の職種も扱っている総合サイトもあります。保育に関わりがありながら違う勤務形態の看護師や事務、司書などを調べることもできますし、子どもができて小さい間は保育士以外を選択肢に入れたい、保育士以外の職業を見て保育士を続けるか考えたい方はこちらもお勧めです。

 

例)げんきワーク

無題

 

 

こちらのげんきワークさんのサイトは、様々な職種を扱っていてそれがきちんとカテゴリーごとに分類されているので探しやすいですね。働き方もパートなどが掲載されているためワークライフバランスをしっかりと感じられる仕組みになっています。

 転職支援サイト

複数の匿名サービスを実施しているサイトです。保育では代表例はまだないですが、応募したら様々な会社の転職エージェントから連絡があり、気に入った転職エージェントを選択し、そのエージェントと転職活動を進めていきます。

 ハイクラス求人(ヘッドハンティング)

高価求人が多く、企業からの依頼を受け人材を探しているサイトです。年収いくら以上の方でないと登録できないなどのしばりがあるサイトとなります。

転職サイトは多々あり、どれを選べば良いか迷うと思います。転職を間違えてしまい再就職を短い時間で考える人の多くは、求人サイトを一つしか選ばずに転職した場合のようです。あなたにあう求人があるように、あなたの転職活動を進めるのにあう転職サイトを見つけることが重要で、まずは複数登録しコンサルタントの話を聞いて見ましょう。

 

登録はこちら
登録はこちら
会員登録(無料)