1,964件の求人中3,740~3,740件表示中

ご指定の条件の求人情報はありませんでした。

神奈川県の説明

「平成25年賃金構造基本統計調査」という厚生労働省が発表しているデータによると、神奈川県における保育士平均給与は、年収321万円となっています。全国都道府県の平均は309万円ですので、神奈川県は平均を多く上回る水準と言えます。近隣の地域と比較しても関東エリアでは東京の平均328万に次いで高水準ですし、給与面だけの比較なら東京にも引けを取らない数字となっています。神奈川県でも横浜市や川崎市といった地域は、東京に隣接しており、一大経済圏を形成しているので給与面での就労条件でも東京都と同等を期待できるでしょう。
「平成25年職業安定業務統計」という厚生労働省が発表した数字を見ると、保育士1人当たりに対して、どの位の求人があるかを示す有効求人倍率を知ることができます。神奈川県における保育士の倍率は、2.29となっています。この数字は、同じ関東エリアで比較すると埼玉の1.67倍や千葉の1.73倍よりも高い数字になっています。東京の有効求人倍率は4.63倍と突出して高くなっていて保育士として働く競争率も高い様子が分かります。一方で神奈川県では、保育士として働くには経験や技能などが求められるとはいえ、充実した施設で働くことが期待できます。

神奈川県の人口は907万人、41パーセントが横浜市民、16パーセントが川崎市民、8パーセントが相模原市民です。小田急線、湘南新宿ライン、東海道線など路線数も多く、横浜、川崎、相模原がターミナル駅になっています。横浜川崎、横須賀三浦、湘南など神奈川県内はエリア分けされており、それぞれ地域で行事やイベントを開催しています。講演会やコンサートなど地域やホールごとにイベントが開催されていて地元の人たちも積極的に参加しています。

観光地としては横浜中華街、鎌倉大仏、芦ノ湖などショッピング、グルメだけでなく、歴史、港、温泉など様々なジャンルがあります。観光スポットランキングに入っているのはみなとみらい21、八景島シーパラダイス、江の島などで、1日だけでは回り切れないくらいボリュームがありますし、どこも見逃せないほど見どころがたっぷりあります。夜景が美しい場所が多く、日本でも有数の最先端の施設や設備が備わっており臨場感を体験できます。美術館や動物園、水族館も多く芸術感覚を磨いたり、生態系に親しむチャンスがあります。

首都圏への移動も便利で時間がかからないため、自宅を神奈川県にして都内へ通勤通学している人も多いのが特徴です。
神奈川県の保育士の求人は正社員が多く、休暇や給与の待遇も保証されているものがほとんどです。パートでも時給1000円前後で労働時間の希望を申請できるようになっているのでプライベートタイムをきちんと確保できます。ボーナスが4カ月、5か月支給されるところも少なくなく、幼児教育のために体力、知力を注ごうとしている保育士への労働の対価が手厚くなっています。

園の数も全国でもトップクラスのため、駅から徒歩圏内で通勤が便利な園が多く、各駅に求人があるほど求人件数が多いのが特徴です。

また企業内保育園や認可保育園など種類が多く、定員50名ほどのアットホームな園から百人単位以上の中型大型の施設までバラエティに富んでいますので自分に合った施設を選び、働きながらキャリアを積むことができます。

未経験者や第二新卒、ブランクのある方でも研修制度があったり、チーム制でサポートがあったりと受け入れ態勢が整っていますので安心して働くことができます。

4月の入園時期に合わせて仕事をスタートすることができるように配慮されていることがほとんどで、計画的に仕事を始めることができます。

スタッフ同士、コミュニティとの連携も強いので協力し合うなかで働くことが可能です。

神奈川県における保育士の就業人数は、合計6027人となっています。この数字は全国一位の保育士就業人数を要する東京には足りないものの、関東エリアで他の都道府県と比較すると高い水準と言えます。隣接県では、静岡県が5421人、山梨県が2846人ですので神奈川県は大勢の保育士が働いていることが分かります。詳細をさらに見ると、常勤保育士が4509人で、非常勤保育士の1518人よりもずっと多くなっています。また公営保育所で働く人が2206人、私営保育所は3821人ですから就業先は公営、私営を問わず安定して働いている人が多いことが分かります。
神奈川県内にある保育所は、合計で315件となっています。神奈川県では児童待機数も多く858人となっていることからも、許可外保育施設でも、市町村が定めてた基準を上回った保育施設については認定保育施設として認可しています。神奈川県内には、こうした市町村によって認可され、助成を受けている施設が多くあります。近隣県の児童待機数や県にアの保育施設数を考量すると神奈川県は保育士の需要が高いエリアと言えます。今後も児童待機数を減らす方向で自治体も力を入れており、ますます保育士としての働き口は増えることが予想されています。