滋賀県の保育士求人一覧

83件の求人中160~160件表示中

ご指定の条件の求人情報はありませんでした。

滋賀県の説明

滋賀県の保育士の平均年収を調べてみると、約333.8万円というデータがあります。これは、厚生労働省の平成25年の賃金構造基本統計調査から算出されたデータで、全国47都道府県のランキングを見ると、13位となっています。トップ10には入っていませんが、比較的上位にランキングされていますね。ちなみに1位は京都府で約385.4万円です。
また、滋賀県内の全職種の平均給与と比較すると、69.0パーセントという数字が出ています。つまり、滋賀県内の全職種の平均よりやや上の給与が支払われているということになりますね。
滋賀県内の有効求人倍率は3.36倍です。1位の東京都の4.63倍には及びませんが、2位という高順位にマークしています。近畿地方だけでみるなら、1位の順位となっており、全国の保育士の有効求人倍率である平均1.74倍と比較しても、かなり高めの倍率といえるでしょう。京都府の有効求人倍率は1.1倍、大阪府の有効求人倍率は2.05倍、兵庫県の有効求人倍率は1.36倍となっています。
このことから、もし保育士として関西での求人を探すのならば、滋賀県での求人活動が有利といえるでしょう。勤務する保育園も選びやすく、働きやすい保育園を探すことができます。

ここで、滋賀県内の就業人数を見てみましょう。滋賀県の保育士の就業人数は、専従の保育士が3,193人、兼務の保育士が39人、非常勤の保育士が947人で、総合計は4,179人となっています。約半数の2019人が公営の保育所で勤務しており、残りの2,160人が私営の保育所で勤務しています。これは、大阪府の就業人数13,711人や兵庫県の6,491人とくらべると、かなり低めの数字です。さきほどの求人倍率からかんがみても、滋賀県内の保育士数は需要に対して慢性的に人手不足であり、就職しやすい地域といえます。
では、滋賀県内の保育所数はどうなっているのでしょうか。滋賀県内にある保育所数は、公立保育所は98カ所、私立保育所は90カ所で、合計すると総数188カ所あります。待機児童数は269人もおり、県民のニーズに対しても、全国平均保育所数からみても、絶対的に保育所の数が足りないといえます。
しかし、保育士数も足りていないことから、決して求人数が少ないわけではなく、関西では高めの求人倍率となっています。保育所数公立保育所、私立保育所と割合としては半々なので、自分の求める雇用条件、教育方針に合わせて就職先を選ぶことができます。