徳島県の保育士求人一覧

71件の求人中140~140件表示中

ご指定の条件の求人情報はありませんでした。

徳島県の説明

徳島県において保育士の平均給与は、厚生労働省の「平成25年賃金構造基本統計調査」によれば年収額が328.3万円で、全国平均の年収額309.8万円を超えています。また、全国での順位では、徳島県は保育士の平均年収が15位です。全職種比を参照すると、81.3%なのでこの数値も66.1%という全国平均の数値を大幅に超えています。近隣地域の保育士の平均額と比較すると、336万円の香川県や307.9万円の高知県、愛媛県の342.6万円など、高知県を除けば全国平均額を超えており、高知県でも全職種比は84%で高水準です。待遇面で保育士の給与を優先する場合は、徳島県は条件の良いエリアと言えるでしょう。
徳島県での有効求人倍率を見ると、厚生労働省が発表した平成25年度「職業安定業務統計」では、2.12倍とされています。この倍率は、働きたいと希望する保育士一人について、求人数が2件以上あるという意味なので、保育士の就職活動を行いやすい地域と見なすことができます。また、四国4県のうち、2倍以上の保育士の有効求人倍率があるのは徳島県のみということから、近隣県と比べた場合でも、徳島県はとりわけ保育士へのニーズがある県だということが分かります。職場の環境や待遇など、希望に沿った条件で保育所を探すことが可能になるかもしれません。

「平成23年度社会福祉施設等調査」で、総務省統計局が公表しているデータでは、徳島県での保育士の数は2854名とされています。その内訳では、兼務を含めた常勤は2553名であり、非常勤は252名と報告されています。また、公営の保育所に勤務している保育士数が1587名で、私立の保育所に勤めている人数は1267名です。この数値から、公営の保育所に勤務する保育士数が多い現状が分かります。さらに、徳島県は保育士に対するニーズが増加していることもあり、慢性的な人材不足になっています。それを解消すべく、保育士の資格および幼稚園教諭免許状などを取得する支援補助金制度があるため、キャリアアップを希望する方には徳島県はお勧めの地域と言えます。
平成25年度の時点では、徳島県内にある認可保育所の数は214ヵ所とされています。四国地方で見ると、246ヵ所の愛媛県に次ぐ形で保育所数が2番目に多いのが徳島県です。また、出生率に関しては、徳島県は以前と比べると下降傾向にありますが、共働きをしている家庭が増加していることに伴い、待機児童の数は平成25年度の時点では41名でした。さらに、待機児童を解消するために、私営認定こども園の整備を行うことを目的とした補助金交付も予定されているので、今後は更に保育士の必要性が高まる可能性があります。県が保育士に対する支援に尽力しているので、徳島県は保育士にとって魅力ある地域と言えます。