富山県の保育士求人一覧

59件の求人中80~80件表示中

ご指定の条件の求人情報はありませんでした。

富山県の説明

平成25年度の富山県の保育士平均年収は厚生労働省の「賃金構造基本調査」のデータによりますと、342.9万円と高水準になっています。全国で見ましても、保育士年収ランキングの7位にランクインしています。全国の平均年収額は316万円ですから、ずいぶん高いことがおわかりになるのではないかと思います。
富山県内での全職種の平均年収は469万円ですから、富山県内での収入面における高さも感じることができますね。
全職種の80%を超える年収ですので、富山県内における保育士の仕事のやりがいの高さは、収入面でも感じられるのではないでしょうか。
富山県で、保育士の仕事の給与面での高さは先にお伝えしたとおりですが、それでも県内の保育所の人材は十分ではありません。
保育士の有効求人倍率は1.85倍と、全国平均を上回る高さです。この数字は高ければ高い程、現場での人手が足りていない状態を表します。ただ、逆にこれから富山で希望に沿った勤務先を選ぶ分にはとても選びやすい環境です。勤務地や勤務時間、収入面など条件にあった勤務先を探しましょう。
また「富山県保育士・保育士センター」が就職希望、再就職希望の保育士や有資格者に対し、積極的な支援を行っています。

全国的に広がりを見せる「保育士・保育所センター」の新設ですが、人材不足の対策として、富山でも平成27年度に新設されました。保育士の資格を持っているコーディネーターも再就職のよきアドバイザーとして在中しています。
平成23年度時点で富山県の保育士の就業人数は2886人で、公営への就業人数は1392人、私営への就業人数は1494人となっており、また大きな都市の富山市に半数以上が集中しています。そのため、郊外では特に人材不足が深刻な問題となっています。これから勤務地を探す方にとっては困らない地域になるでしょう。
平成25年度の厚生労働省のデータを読み解くと、富山県での保育所の数は211ヶ所となっています。そのうち、半数近くの87ヶ所が政令指定都市の富山市に集中しています。郊外での施設の少なさ、保育士の人材の確保の難しさ、と言った問題は少なからずあるものの、富山県には人口の割合に対しての保育所の数は十分あるといえるでしょう。共稼ぎの家庭が多い富山ですが、待機児童もおらず、保育所の定員20152人に対して、実際に保育園を利用されている児童数は18084人です。
富山県では、県での就職支援サポートも受けられます、条件に見合う保育所を探すことは比較的、難しくないのではないかと思います。