流山中央福祉会

専属コンサルタントからの一言

◆仕事もプライベートも充実の福利厚生

スタッフ同士、職場や系列園で交流したり相談し合ったりのつながりがあり、プライベートでも仲が良いという人が多いのでオンもオフも充実します。グループ全園での有給消化率がほぼ100%で、しっかりとリフレッシュして仕事にも取り組める環境です。産休育休制度や時短勤務制度を利用し出産を経て職場復帰する人も多くいます。

理念

◇知的教育に力を入れ体験を学びに

 ◆無理のない就学前教育や英語教育

幼児期の体験が、その後の人生の力になることを踏まえ、無理なく「就学前教育」や「英語教育」を行っています。発達に合わせ、集中力を身につける、文字や数を知る、といった内容で進め、スムーズに小学校の学びに移行できるようにしています。英語は勉強というよりも歌やゲーム等で遊びの延長の感覚で身につけます。

◆体作りで重視する「体操」「歯科指導」

健康な体の成長を促す保育も実施しています。専門の体操指導者による運動も行っています。基礎体力をつけ、体を動かす楽しさを感じ、チームワークやルールを守ることも学びます。また毎日の歯磨きをしっかり習慣づけし、年2回、子どもたちにもわかりやすい歯科検診や歯科指導も行っています。

◆野菜たっぷりを意識した手作り給食で食育

現代の食生活の中で問題となる野菜不足。園の手作り給食では野菜を多く摂ることを意識して献立を作っています。また日本の昔ながらの「だし」の味や行事食、伝統食などで食文化を伝えます。旬の野菜や果物に素材の状態で触れる体験なども食への興味を広げるために実施しています。

◇優しさ、触れ合いを大事に子どもに寄り添う保育

 ◆保育者が子どもの目線で愛情や信頼を伝える

子どもが関わる大人として保育者の存在はとても大きいものです。笑顔で子どもと触れ合い、優しく寄り添い、愛情を注ぐ存在として保育者が子どもに接しています。子ども同士では、一緒に遊び、楽しさや、ときには危険を避けることなども学んでいきます。保育者は人と人の関係を作る場で子どもを見守る存在となっています。

◆スタッフ同士の仲が良くチームワークで助け合う

職場としての園では、先輩が後輩にアドバイスをしたり、仲間同士で支え合ったりして仲が良いのが特徴です。意見交換やアイディアの具体化も活発で、さまざまな保育に挑戦できます。園内外の研修も充実していて保育の質やスタッフの専門性を高めることに積極的です。

◆しっかり働き、しっかり休む

グループ全園の有給消化率ほぼ100%という数字が表すように、質の高い仕事を求められる代わりに、リフレッシュもしっかりできる環境です。産休育休制度の整備や勤務体制の多様化で働きやすさを追求しているので、長く働けます。

登録はこちら
登録はこちら

ご指定の条件の求人情報はありませんでした。

0件の求人が見つかりました
  • 1
会員登録(無料)