転職コンシェルジュ

オープニングスタッフが求人で人気の理由

転職のサポートをさせていただいている時に、オープニングスタッフ希望の方が多くいらっしゃいます。また、待機児童の問題が大きくとらえられている今、新しい保育園も次々に建てられていくでしょう。そこで今回は、人気のオープニングスタッフのメリット・デメリットを確認しておきましょう。

main1

給与の面はどうなっているのか

単刀直入に言うと、オープニングかどうかでは給与の差に直接、関係はありません。高額案件も確かにありますが、これはオープニングの特色を出すためにネイティブ講師など特異な能力を有する人間を集めているなど企業ごとの差のようです。年収に目が行きがちですが、休暇日数や福利厚生もしっかり確認しておきましょう。また、定員人数が達さずに、経営面が危ぶまれると賞与が削られる可能性もなくはありませんのでしっかり確認しておきましょう。

オープニングのメリット

人間関係がまっさらというわけではありませんが、従来の園よりは人間関係の心配が少ないでしょう。リニュアールオープンでもない限り、勤務は同時スタートですし(企業によっては他の経営している園からベテランを補充している場合もあります)、園の雰囲気などもないため自分たちで作り上げることができます。

物理的にも新品に囲まれ、リフレッシュして働くことができるできそうですよね。新品なら、補修作業に追われることもなく、故障の心配も少ないですから働くときの注意の負担も少ないですね。季節のイベントなどでは今までの作成物がないためセオリーがなく意見を出し合えます。これはメリットとデメリットの両方に捉えれますが、すべてを1から作成できますのでやりがいも高いと思われます。

main2

保護者との関係の構築も従来の転職では、働き始めた時にはすでに園と保護者の関係はスタートしているので把握すること苦労が発生するときが多いです。新しい園では自分自身で1から構築のため、煩わしさがなく保護者と保育士さんの関係が良好な園も多いです。

オープニングのデメリット

もちろん、いいことばかりではありません。ここではデメリットもしっかり確認していきましょう。
保育園としてのノウハウやマニュアルが出来上がっていない

自分たちが作り上げることがメリットではありますが、規則などが確立していないため修正しながら決まっていきます。そのため、リーダーなどの支持がその度に変わっていくことが多く、戸惑ってしまうかもしれません。

仕事がそのまま評判につながる

できたての保育園は、口コミはありません。前評判も期待が高いことが予想されます。つまり、オープニングの対応で園の全てが決まってしまうのです。マニュアルが確立しないままの対応になる可能性もあるので、保育士一人一人の柔軟な対応が問われるのです。

新設の保育園では、メリットで書いた通りすべてを新しく始めます。これがデメリットも生じ、時間的余裕や体力的問題など様々な問題が上がります。熟練の保育士の場合、比較的新しい保育士の教育などリーダー的役割も増えてしまいます。また、新設の保育園といえども、子供たちにかける時間や世話は変わらず生じます。

 

 

登録はこちら
登録はこちら
会員登録(無料)