保育お役立ちコンテンツ

子育て支援サービスが一気に充実!世田谷区の保育に関する取り組みまとめ

保育 世田谷区
待機児童数ワーストだった世田谷区の対策がすごいんです!待機児童数は増加していますが、定員数を増やす努力もしている世田谷区の取り組みを見ていきましょう。

世田谷区は日本でも一・二を争う人気の区です。人口がどんどん増加しており、わずか10カ月の間に1万人増えているという驚きのスピードです。

当然、それに伴って子どもの人口も増えており、認可保育園の入園を希望する人も、5年間で46%アップとなっており、そうしたニーズに対応が追い付いていませんでした。

しかし、そんな待機児童数ワーストだった世田谷区がついに本気を出しました!

3年後には保育定員数を約35%拡大する見通しで、子育て支援サービスを一気に充実させています。

今回はそんな勢いのある世田谷区の取り組みをご紹介します。

 人材の確保と育成への取り組み

世田谷区の待機児童ほとんどは0歳~2歳児です。そのため、世田谷区では低年齢児に特化した施設である保育室の運営費を補助金などを活用して改善することで、保育士の人材確保や育成を促す取り組みをしています。

また、20人以上の定員拡大を行う保育所で働く保育士に対しては、一人当たり月額8万2千円を上限に家賃補助を行うなど、世田谷区で保育士が働きやすい環境作りへの努力がうかがえます。

また、保育士だけでなく、私立保育園で勤務する保育医師と看護師がいる施設に対しては、1カ月当たり1万円の支給が始まっています。

 定員130人~200人!近隣の区立保育園を統合した「拠点保育園」を整備

保育施設整備方針に基づき、すでに予定している砧地域と世田谷地域に加えた北沢地域及び玉川地域に、近隣の区立保育園を統合した「拠点保育園」を整備することを予定しています。

いずれも定員130人~200人程度と大規模なもので、玉川地域の拠点保育園については、医療的ケアが必要な児童も受け入れるとのこと。

また、区立保育園の統合によって生じた区立保育園跡地には、私立認可保育園等の整備を行うなど、「保育の質を確保しながら、急増する保育ニーズに応える」ことを目的に、認可保育園の整備をはじめとして、保育施設の運営支援など、多方面から対応を講じていることがうかがえます。

 区立保育園の紹介

世田谷区のホームページでは、50ある区立保育園の特徴を紹介しています。

「保育園って楽しい」「また明日遊ぼうね」と子どもたちがイキイキと過ごせる場所になるよう、職員が知恵をしぼって工夫した取り組みを行なっています。

 

▼区立保育園の紹介の詳細はコチラ

http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/103/129/1806/461/467/d00034143.html

 一定の要件を備えた施設「保育室」の情報を共有

 

保育  世田谷区

 

世田谷区では、一定の要件を備えた施設を「保育室」として、運営経費の一部を支援する補助事業を行なっています。

保護者が就労していたり、病気等のために日中家庭で保育できない場合に、約10~30人の比較的少人数の規模で保育を行なっている施設で、産休明けからの低年齢児(3歳未満)の保育をおこなっています。

研修会の実施や、巡回指導相談員が訪問し、子どもの健康管理についてアドバイスや指導も行ってくれるので保育室を利用するママたちが増えているようです。

情報も毎週土曜日に更新されており、きめ細やかに利用者の声を反映しています。

 ▼保育室の詳細はコチラ

http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/103/129/1813/499/index.html

 保育ママ制度

ママたちが仕事や体調不良などで家庭で子どもの世話をするのが辛いときに、子どもを「保育ママ」の自宅で毎日一定時間預けられるサービスがあります。

2名~5名の少人数で家庭的な雰囲気の中で保育が行われ、保育者と子どもたちの距離が近く安心できることが特色です。

保育ママは個人事業主として世田谷区の保育ママのリストに登録を行っています。

利用したい場合は、ホームページの「保育ママ一覧」をチェックして、直接契約を行います。

施設の見学もできるので、どんな環境に子どもを預けるか確認でき、保育ママと事前にしっかり話し合いがでるのも魅力のひとつです。

子どもを預かってもらう上で気をつけてほしい点がある場合など、要望を伝えられるので嬉しいですよね。

また、世田谷区では、保育ママ研修会を実施したり、巡回指導相談員による訪問でお子さんの健康管理についても助言と指導を行っています。

 ▼保育ママの詳細はコチラから

http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/103/129/1806/478/479/d00005750.html

 保育士向け保育施設情報サイト「せたがやHoiku Work」

会員登録無料の世田谷区の保育人材情報サイト「せたがやHoiku Work」をご存知ですか?

世田谷区で働く保育士さんに向けた保育施設の情報サイトで、年収や時給、雇用形態はもちろん、縦割り保育や少人数制などのこだわり条件でぴったりの施設を探すことができます。

保育士と保育施設を結びつけるマッチングサイトのようなイメージで、保育士さんが自分に合った職場を見つけれるように情報が整理されています。

世田谷区ならではの保育の特色や保育施設の種類、区の保育事業の取り組みについて紹介されていたり、世田谷区で暮らす魅力をアピールするページもあり、引っ越しを検討している人にも非常に有益なサイトとなっています。

 ▼せたがやHoiku Workの詳細はコチラ

https://setagaya-hoiku.jp/

 まとめ

今回は世田谷区の取り組みをお届けしましたが、いかがでしたか?

区を挙げて子育て支援の充実に取り組み、活気と勢いのある世田谷区が人気の理由がご理解いただけたかと思います。

世田谷区を皮切りに、他の区や市も保育への取り組みに注力していっているようです。

ご家庭ごとに合った保育スタイルや園を見つけ、より子育てしやすい街が日本中に増えていくことに期待したいですね。

 【関連記事】

▼各自治体の待機児童対策~保育士確保のための待遇改善~

https://www.hoikuplus.com/post/usefulnurtureinfo/1576

登録はこちら
登録はこちら
会員登録(無料)