保育お役立ちコンテンツ

ツイッター投稿で注目を集める松戸手当とは!?

松戸手当
『松戸手当』ってご存知ですか?松戸手当とは、千葉県松戸市が、市内の認可保育所で働く保育士に対して、勤務する施設からの給与とは別に支給している手当のこと。
勤務年数に応じて一定額を支給するもので、2017年の10月から制度が開始されました。

松戸手当は、ツイッターへ投稿されたのをきっかけに、注目を集めるようになった手当です。

1年目から12年目の方で4万5千円、13年目から20年目の方で4万6千円から7万2千円が支給される他に、さまざまな特色ある制度が注目されています。

新卒保育士への補助

新卒の保育士への補助として、松戸市内に住む新卒保育士に対して、上限を3万円として給付する家賃補助や、就職の準備に必要な費用を10万円を上限として貸し付けるという制度です。

松戸市内の保育施設で保育士として働いている方の子どもへの優遇措置

保育士として働いている方の子どもに対する優遇措置として、保育所への入所を優遇したり、育休から復帰する場合には、子どもの保育料が最大2万7千円安くなるなどの制度です。

10年勤務した方を表彰し、記念品の贈呈

保育士として10年以上勤務している方に対して、市長が表彰し、3万円分のグルメカードを記念品として贈呈するという制度です。

松戸手当支給の背景とは?

 

松戸手当

 

松戸市内で保育士として働く方に対し、さまざまな補助を行っている松戸市。

その背景には、保育士の東京都への流出を防ぐという目的がありました。

松戸市は東京都に隣接する都市であり、東京都が『保育士等キャリアアップ補助金』を創設し、2017年度には最大4万4千円の支給を行うなどの取り組みを始めたことにより、給与・待遇の良い東京都への人材流出が問題となっていました。

同じく東京都に隣接する船橋市などが保育士の優遇制度を始める中、松戸市も人材を確保するために、保育士に対する手厚い補助を開始しました。

手当ての支給には、千葉県からの補助費を含めた財源を充てているものの、予算はギリギリの状態であるとする松戸市。

それでも、他の地域に人材が流出してしまうのを防ぐ施策として、給付を続けていくとしています。

松戸手当を支給して以降、保育士の流出は減少

松戸手当の支給を開始して以降、松戸市内で勤務する保育士の数は徐々に増加し、2年連続で待機児童ゼロとなっている松戸市。

松戸手当を開始したことに対して、具体的な数字等での効果ははかれていないものの、実際に手当を支給されている方は「保育士の専門性が求められていると感じています!」「今後も長く働きたいです!」など高く評価しています。

保育士の資格を持っている方に対して、給与とは別に手当を支給するほかに、家賃補助などを行う松戸手当。資格を持っている方だけでなく、保育士の資格を保有していない方に対しても、保育士のサポート役である保育支援者として働いたり、資格取得の際に補助を受けることができる制度を設けるなど、手厚い補助を設けています。

保育士になりたい方を応援し、保育士として働く方に対して手厚いの施策として注目を集める松戸手当。人材を確保し、子どもを育てる環境を充実させる制度として、今後とも目を離せない制度であるといえます。

登録はこちら
登録はこちら
会員登録(無料)