保育お役立ちコンテンツ

認定こども園って何?特例制度や幼保一元化から考えてみた

認定こども園
保育園不足の解決策として重点が置かれている認定こども園ですが実際どのようなものかちゃんと知っていますか。知ってるつもりでも意外と知らないんですよね

平成27年「子ども・子育て支援制度」がはじまります。それに伴い、幼保一元化の動きが活発になってきています。特例制度などが代表的な例ですが、支援策の一つとして認定保育園への移行が進んでいます。認定保育園という言葉を聞いてもわからないなっていう人は多いのではないでしょうか。

 

life

認定子ども園とは

小学校就学前の子供が通う保育施設で、保育園と幼稚園が合わさったような総合施設をイメージしてくれればわかると思います。幼稚園は文部科学省、保育所は厚生労働省、そして認定こども園は内閣府が管轄しています。また、幼稚園は教育施設、保育所の管轄は児童福祉施設となっていますが認定保育園は大きく分けて4つあります。

幼保連携タイプ
幼稚園と保育園が連携して運営しているタイプです。幼保一元化が大きく取り上げられていることもあり、国が一番力を入れているという印象があります。しかし、施設を大きくするには敷地などを確保しなければならないために、反対運動など問題を内包しています。

幼稚園タイプ
幼稚園の預かり時間を増やしたものだと考えればわかりやすいと思います。施設機能の向上など予算がかかってしまう施策ですが保育園の需要が伸びているのに対し、幼稚園は減少傾向にある昨今、運営に対しての解決策が見えてきたとも言えます。

保育園タイプ
認可保育園などが、保育が保護者や親族など家庭でできない保育に欠ける子も預かれるようにするために施設の機能など拡充した施設です。最近の保育園不足や待機児童問題の反響の大きさからわかる通り保育園不足は深刻な問題なので、この保育園の改変が一番重要なのではないかという意見も高いです。

地方裁量タイプ
チャイルドマインダーなどが代表されるように、小さい施設で子供を預かる保育方法が、保育園の設置のための場所不足問題もあり、期待が高まっています。国の保育園としての項目から外れても自治体ではこども園の項目を満たしていれば認可するという方向に働いています。

認可保育園で働くために知っておきたいポイント

 

女の子たち 保育園-min

資格

認定こども園は幼稚園と保育園の両方を兼ね備える施設となります。発生する業務はもちろん幼稚園と保育園の作業の両方を対応しなければならないので保育士の資格と幼稚園教諭の資格の双方が必要です。

ただし、現在の急な移行に対し対処策が示されていないわけではありません。両方の資格がなくとも排除しないように国の指針には配慮が盛り込まれています。現在の職場が認定こども園に移行してもすぐに辞めなければならないということはなさそうですl
ただし、これから認定こども園で働きたいという方は運営側としても両方任せられる人材を希望しますので保育士・幼稚園教諭の双方が必須になっているケースが主流になってきています。

現在、保育士幼稚園教諭の片方しか持っていない人は特例制度を活用してみましょう。特定の条件を満たせば、もう片方の資格を取得することが可能です。ただし、特例制度の実も経験は勤務先に確認してください。各都道府県の施設一覧で確認してみるのもいいですね。

メリット

幼稚園と保育園を合わせた施設なので、子供の年齢が幅広く、小学校から始まる集団生活の意識などが早く身に付きます。また、保育園や幼稚園の先生同士で情報交換や連携ができるというのが大きなメリットとなります。

保護者としても今までは、保護者が2人目が生まれて育休の取得などの事情で急な保育園の退園などをしなければならない制度がありましたがこちらが適用外になっています。自治体の子育て窓口を担っているケースが多々ありますので入園してなくとも相談を受けることが可能です。

気になる点

幼稚園の業務には通学バスの添乗などがあります。純粋に保育だけを行えるわけではないのでそこが気になるところではあります。認定こども園では延長保育や早朝保育があるところが多いので、勤務時間が長くなりがちです。

勤務条件

給与は公立だと公務員になりますので、自治体によって決まります。私立では、運営法人ごとに違いますが給与は平均的には保育園とは大きな違いはないみたいです。

認定こども園は、保育園と同じで早番・中番・遅番のシフト制となっています。主に7:00~20:00時の中で8時間作業となっています。休日は週休2日制ですが土曜日は出勤の所も多いみたいです。幼稚園教諭の方で気を付けてもらいたいのは夏休みなどの長期休暇はない所があることです。募集求人の詳細はよく見ておきたいですね。

認定こども園の求人傾向

認定こども園の数は年々増加傾向にあり、求人数も増加しているのが現状です。国からも2014年から運営補助の改善方針がだされ、今後も施設の増加は積極的に行われる見通しです。また、年々減少している幼稚園の需要の対策として時間の延長を図るための認定こども園化のための人材確保が必要です。そのため、未経験でも資格さえあれば働ける場所があるのが現実です。

 

まとめ

年々、増加傾向にある認定こども園。資格が2つ必要ですが、現在では保育士資格と幼稚園教諭の2つの資格が取得できる仕組みや、取得した学校での再取得制度などその環境は整ってきているようです。大変ですが、キャリアの幅を広げることや保育の仕事としての満足度は十分高いはずです。しっかりメリット・デメリットを理解し働く場所として考えてみてはどうでしょうか。

登録はこちら
登録はこちら
会員登録(無料)