保育お役立ちコンテンツ

ホントにそのおむつでいいの?知ってて損なし!人気おむつの選び方

保育で迷ってしまう子供用グッズ。特徴やどこがどう優れているのかなど迷ってしまいますよね。そこで、今回はその中のいくつかを紹介いたします。

赤ちゃんにとっておむつは毎日使う必需品ですよね。赤ちゃんの肌やサイズに合わないものを選んでしまうと、かぶれやモレの原因になってしまうので、安さだけに注目せず、違いを知って慎重に選びたいですよね。今回はそんな人気の紙おむつ5種の特徴をまとめました。新米ママや赤ちゃんに関わる人は必見です!

■確認すべきポイント5つ!おむつを選ぶ上でもっとも重要なこととは?

おむつを履かせる側としては、使いやすさやコンパクトで持ち運びやすいことも大切ですが、大きなお徳用パックを購入する前に、まずはお試しで少量パックを買い比べて下記5点をチェックしましょう。

≪チェックポイント5つ≫

1、通気性:赤ちゃんのお肌は敏感!通気性がいいとおむつかぶれを防げます!
2、吸引性:しっかり吸収して快適さを保ちます!
3、密着感:モレを発生させないことで安心して使えます!
4、利便性:外出先でも使うので、ママの使い勝手のよさは大切!
5、経済性:使い続けられるコスパはやっぱり重要!

■必見!人気TOP5のおむつの特徴を徹底チェック!

さて、ここからは人気紙おむつ5種の特徴をそれぞれ見ていきましょう!

≪エントリーNO.1:パンパース(P&G)≫

パンパース

 

 

▶特徴

・弱酸性で吸水性ナンバーワン!

・紙おむつ界のパイオニア、全国で約7割の産院が使用

・密着感も高くて安心

 

 

吸収性で最も評価が高かったのはパンパースでした。また、多くの産院でも定番のブランドとして使われており、密着感も高いことで、赤ちゃんとおむつに隙間が空いてしまって漏れるという心配も少ないため、安心できるのが魅力です!

驚くことに、パンパースのおむつがもつ特徴として最も優れているのは、なんといってもおむつの内部を弱酸性に保つ独自の技術です。これにより、おむつかぶれを防ぎ、通気性を高めています。

一方で、パンパースは快適すぎて、赤ちゃんがおしっこをしても気持ち悪いと感じず、おしっこがでたことを全く教えてくれなくて困るというママの声もあるようです。また、比較的サイズが小さめなので、新生児にはいいですが、大きくなってくると他のおむつに移行するほうがいいかもしれませんね。

 

≪エントリーNO.2:メリーズ(花王)≫

メリーズ

 

 

 

▶特徴

・通気性ナンバーワンでかぶれにくい

・テープタイプおむつでは売上トップ

・中国で人気NO.1!爆買いが止まらない!?
メリーズのおむつは通気性がダントツの高評価で、テープタイプおむつでは売上ナンバーワンです。おむつの内側がモコモコ柔らかく加工されており、そこにメリーズ独特の高い通気性が加わることで汗っかきな赤ちゃんのおしりも、常にサラサラを維持できるように工夫されています。また、中国でも抜群の人気を誇っており、中国人が日本でメリーズのおむつを買い占めたニュースが記憶に新しい人も多いのではないでしょうか?そのため、地域によっては品薄になっていることもあり、ネット通販などでしか手に入りにくいこともあるようです。

 

≪エントリーNO.3:ムーニー(ユニチャーム)≫

▶特徴

・履かせやすさナンバーワン

・フィット感も抜群

・後ろ漏れに強い!

 

履かせやすさの点では、ママ達の支持率はムーニーがダントツでした。テープ型のおむつもパンツ型のおむつもムーニーのおむつは非常に履かせやすく、肌触りのよい素材なため赤ちゃんのストレスも少なく、敏感肌ベビーのママ達からも強い信頼を獲得しています。伸縮性のあるフィット感の高い構造になっており、他ブランドよりも後ろ漏れにも強いことが特徴です。ただし、小さめの赤ちゃんには、少し大きいこともあるようで、赤ちゃんが成長してから使うのがいいかもしれませんね。

 

≪エントリーNO.4:グーン(大王製紙)≫

グーン

 

 

 

▶特徴

・コスパ最強!

・スリムなシルエット

・ビタミンEが配合で肌に優しい

 

 

グーンのおむつはスリムなシルエットが特徴であり、密着度も高めです。赤ちゃんのおしゃれを楽しみたいママからも評価されており、お尻周辺がモコモコしないため可愛い洋服のシルエットも崩しません。おむつの内側がウェーブ加工されており、天然ビタミンEが配合されているなど、敏感肌な赤ちゃんにも対応していて、安心して使えます。そして何と言っても、コスパ面では抜群の支持率です。他のおむつと比べて安価なため、頻繁におむつを交換する必要のある時期でも経済的に活用することができるというママの声が多くなっています。

 

≪エントリーNO.5:ゲンキ(ネピア)≫

▶特徴

・ウンチに対する強さはダントツ!

・コンパクトで持ち運びに便利

・アンパンマンで子供の心をキャッチ

 

ゲンキのパンツタイプおむつは「尿便分離構造」と呼ばれる、おしっこをキャッチするポケットとうんちをキャッチするポケットを別々に採用することで、しっかりとうんちをキャッチして漏らしません。つまり、非常にうんちに強いおむつなのが特徴です。特に、離乳食を始めてうんちの量が多くなってきた赤ちゃんには最適です。サイズも比較的コンパクトなので、外出時に便利なのも魅力です。また、履かせる側からすればおむつのデザインや外観はそんなに関係ないと思うかもしれませんが、意外とアンパンマンやキャラクターの子供に対する影響力はあなどれません。アンパンマンは男女ともに人気のため、自分からおむつを持ってくるお手伝いベビーが増えたというアンケート結果もあるようです。

 

■まとめ

今回は人気の紙おむつ5種をご紹介しましたがいかがでしたか?赤ちゃんの肌に長時間触れるものなだけに、特徴を知っておくのは大切なことですよね。紙おむつだけでもサイドから留めるテープタイプや下から履かせるパンツタイプなど、サイズ感や価格も少しずつ違いがあります。また、今回は紙おむつを紹介しましたが、最近は布おむつを好むママも増えています。赤ちゃんの体型や成長によってどれが一番いいのかを見極めたいですね。

赤ちゃん用品店やドラッグストアによっては、おむつの試供品をプレゼントするイベントを行っていることもあるようですので、この機会に最寄りの店舗で情報収集してみてはいかがでしょうか?

登録はこちら
登録はこちら
会員登録(無料)