保育お役立ちコンテンツ

英語学習はいつからがいいの!?早期英語学習はプリスクールで

保育 プリスクール
早期英語の重要性が高まる中、英語に浸れるプリスクールの価値とは一体どのような物でしょうか。

小学校への英語学習が取り入れられたように、英語の早期学習の効果と重要性は世間に認知されてきています。確かに発音の”L”と”R”の違いや頭の中で英語を日本語に訳すのではなく英語を英語のまま、頭の中でインプットしアウトプットで表現できるようになるなど様々なメリットがあります。

その流れで注目をあげてきたのがプリスクールです。今回は、幼児教育と英語の関係を混ぜながらプリスクールをご紹介していきたいと思います。

プリスクールとは

プリスクールとは一言で言ってしまうと英語環境で保育をしてもらう環境です。英会話教室が英語を学ぶことが目的なのに対し、プリスクールは英語で生活をしながら様々な感覚を養います。つまり、完璧でないにせよネイティブのような環境を作り出しているのです。これはイマージョン教育といって英語を自然に慣れさせ、英語での自由な表現を身につけさせます。

イマージョン教育

イマージョンとは”侵す”という意味で、まさしく英語に浸らす環境を作る教育環境を言います。外国語習得の最も効果的方法として世界の様々な国や場所で実施されています。しかし、それはただ英語を教育として与え続ける者ではなく、生活の1部として英語を使うことで様々な場面を英語で自然に表現できるようになります。英語イマジネーションでは、英語が日常であるために英語を使う意義と同時に必要にも迫られるのです。

このイマジネーション教育を受けた子ども達は、ネイティブの発音に近い発音ができネイティブスピーカーに近い語学力を獲得できます。また言語感覚が発達し、コミュニケーション能力が高い、発想や思考が柔軟性に富み問題解決などに高い能力を持っています。

耳からの刺激に対する脳の神経回路が完成する時期が2歳前後。この時期に言葉を吸収しやすいと言うことがあります。また、臨界期という脳が柔軟で新しい刺激を受け入れやすい状況で発音が5歳、文法が9歳までと言われています。

英語の実態

英語は実は日本語のように発音と文字が一対にはなっていません。1文に無限の言い回しができます。これは発音がネイティブやイギリスなまりなどという意味ではありません。例えば、洋画の字幕を見ていると英語の字幕と英語の言語が一緒ではないことに気づくはずです。実際の英会話は単語を自分のしゃべりやすいように短縮や省略形を作り出しています。そのため、日本の英会話で習った人が実際に留学してみて急にしゃべれない現象と一緒です。実際の用法はネイティブ講師でも授業では一つ一つ教えられないのと一緒です。そのため、ネイティブの環境の中で実際に様々な状況を聞いて慣れるしかありません。

プリスクールの特徴

プリスクールは、単なる英語の学び場ではなく英語で生活するための場所であり、英語を様々な表現に結びつける場所です。そのためアートやスポーツ、文化など様々なカリキュラムが組むため普通の保育園や幼稚園に比べ多彩なことが学べます。また、スケジュールが柔軟で週3日~登園が可能なところが多いようです。また、アフタースクールプログラムが組まれていることも多く、塾のように使用している例もあるみたいです。

まとめ

幼少期は脳が物事を受け入れる体制があります。これが大人になるにつれ、物事を受け入れるために認識をし根付けていく作業が生まれます。幼児は好奇心が多いので物事を自然に受け入れようとします。話したり聞いたりする関心ももちろん強く、英語に対しても高い関心を持つ傾向があります。また、幼児は色々な経験を必要としているために様々なカリキュラムを持つプリスクールは最適ではないでしょうか。

登録はこちら
登録はこちら
会員登録(無料)