転職コンシェルジュ

保育士志望でピアノが苦手!?楽譜が読めない・弾けない対策と勉強法

読了の目安:約5分
保育士の求人でピアノが弾けるか
保育士を目指してはいるものの、実はピアノが苦手で、楽譜も読めないと悩んでいませんか。ピアノの初心者でも保育士の国家試験に合格することは十分に可能です。

この記事では、実技試験に向けて事前に考えておくべき科目のことをはじめ、効率的な練習方法や試験対策などを解説します。保育の現場におけるピアノの位置づけや、さらに上達するための方法もチェックできます。ピアノへの苦手意識を払拭して、憧れの保育士になるための一歩を踏み出してみませんか。

今回のポイント

ピアノが苦手でも保育士試験の受験は可能。学校でのピアノ実習や独学でも対策できる。

演奏技術の高さよりピアノで歌の伴奏ができることを求められる。

ピアノの上達には教室や通信教育を活用するのがおすすめ。

保育士にピアノが苦手な人は意外に多い

憧れだった保育士の仕事を目指すときに、ピアノを弾いた経験がなく、自分には無理なのでは?と躊躇される方は意外に多くいます。保育士国家試験の合格には実技試験の突破が必要です。

学校に通うことなく独学で試験勉強を行っている方なら、ピアノがないことも考えられます。その場合、実技対策でピアノの練習に費やせる時間や場所が限られるでしょう。練習が積めなければ、試験に対する不安を感じるかもしれません。

晴れて保育士になったとしても、保育の現場ではピアノの演奏が必要な場面が多く見られます。子どもたちだけでなく、発表会などでは大勢の保護者を前にして演奏する機会もあるでしょう。ピアノに苦手意識があれば、現職の保育士であっても緊張したり、不安を覚えたりするケースは多々あります。

ピアノが弾けなければ保育士にはなれないのか

保育士試験でのピアノ演奏

ここで、実技試験の概要を確認しておきましょう。実技試験は音楽表現・造形表現・言語表現から2科目を選択して行われます。ピアノ演奏は音楽表現に含まれます。つまり、苦手であれば音楽表現を選択しない方法もあります。

音楽表現を選択する場合、用意された2つの課題曲の弾き語りをします。楽器はピアノだけではなく、ギターやアコーディオンを使用することも可能です。ピアノ以外の楽器は自分で持ち込んだものを使用できます。審査では、保育士の業務で必要となる歌の伴奏技術やリズムのとり方、総合的に豊かな表現ができているかなどが問われます。

演奏で使用されるピアノには、グランドピアノ、アップライトピアノ、電子ピアノ・キーボードの3種類があります。グランドピアノは弦を水平に張った従来型のピアノで、重低音がよく響きます。

アップライトピアノは弦を縦に張ったピアノで、音はこもりがちです。電子ピアノやキーボードは、ピアノらしい音をスピーカーで表現します。試験では会場にあらかじめ準備されたピアノを使用するので、種類を選ぶことはできません。練習では、できるだけさまざまな種類のピアノに触れておけるとよいでしょう。

ピアノ試験を突破するためのポイントは3つあります。

1つ目は、子どもたちが歌うことを想定して演奏できるかです。試験では演奏技術の高さばかりが見られるわけではありません。自分の伴奏を聞きながら歌うことを心がけるとよいでしょう。

2つ目は、自分が弾きやすい楽譜を選ぶことです。市販の楽譜を使えるほか、自分風にアレンジして演奏することもできます。無理せず演奏できる楽譜を用意することも大切です。

3つ目は、基本的なことではありますが、間違えても最後まで演奏することです。途中で止まらずに演奏し続けることで、ミスの印象を強く残さなくて済むことがあります。

認定校でのピアノ実習

指定保育士養成施設に認定された学校では、多くの場合資格取得や実務を見据えてピアノが必修科目となっています。音楽の先生について学べるため、上達のアドバイスを得たり、わからないことを質問したりといったことも可能です。

また、音楽室やピアノなどの設備が揃い、練習しやすい環境が整っています。他の人の演奏から学べることが多く、人前で弾く経験を踏めることも実技試験対策には有効です。

ピアノの対策・練習はどうすればいい

ピアノ対策では練習場所の確保が重要です。独学の場合には、自分でピアノを用意する、ピアノを弾ける場所を見つける必要性があります。

保育士の養成施設に通う方であれば、資格試験対策でカリキュラムにピアノが組み込まれている場合がほとんどです。学校に複数台のピアノが設置されていることも多く、しっかりと練習を積めます。

ピアノを自分で習得するには、コツをおさえて効果的に練習することが大切です。楽譜を読めない方なら、楽譜にルビを振る、フレーズごとに色分けするといった工夫で練習がスムーズに行えます。基本的な音楽記号やルールがわからなければ、その都度調べて早く覚えられるようにしましょう。

ピアノに慣れないうちは、うまく弾けないことにイライラしたり、練習に嫌気が差したりすることも考えられます。そのような場合には、最初からうまく弾こうとしないことも大切です。

できない箇所があるうちは、最後まで通して弾くのではなく、小節ごとに部分練習をしてみるのも効果的です。運指がわからないときは、YouTubeを活用して指使いを確認する方法もあります。

両手で弾くのが難しい、利き手以外がうまく動かないといったこともあり得ます。そのようなケースでは、片手練習である程度弾けるようになってから両手練習に移ってください。また楽譜を見るときは、今弾いているところではなく少し先の譜面を目で追いながら演奏することを心がけましょう。

保育士に求められるピアノのレベルとは

ピアノに熟達した方なら、発表会などで演奏を任されることも多くあります。しかし保育士の日常業務で求められるのは、子どもたちの歌に合わせた伴奏です。

基礎的なピアノ教本であるバイエルをマスターできているレベルであれば、保育士試験の合格は可能と言われています。うまく弾けるに越したことはありませんが、まずは保育の現場で必要な曲が弾ける状態を目指しましょう。

保育園によって環境が大きく違う

ピアノが必要とされるかはその保育園の環境によって異なります。基本的に、小規模保育所や乳児専門保育園などでは合唱をする機会がありません。そのため伴奏用のピアノを設置していないことがほとんどです。またわらべ歌などを主に歌っていることもあり、ピアノは使用しないで済みます。

一方で、発表会や音楽会、リトミックなどに力を入れている保育園であれば、保育士に音楽のスキルが求められます。朝の会や帰りの会、各種行事の際にはピアノの演奏を任される可能性もあるでしょう。採用では実技試験が課されることも考えられます。その場合、課題が事前に知らされることもありますが、即興で演奏するケースもあります。

苦手なピアノを分担し、得意分野で頑張る

発表会でのピアノ演奏が不安な方は多いかもしれません。複数名で担任をもっている、数クラスで合同発表を行うなどの場合には、楽器演奏や歌、振り付けといったように担当を分けていることもあります。

そのようなケースでは、ピアノ演奏は得意な先生に任せて、自分はほかの仕事を担当することもできるでしょう。ピアノ以外の得意な楽器を用いて演奏する方法も考えられます。

ピアノを練習するための講座・教室

リトミックなどの音楽教育を取り入れる保育園も多々あることから、保育の現場では、ピアノが必要とされる傾向があります。転職時に採用試験でピアノの実技がない求人を探すとなれば、それだけ転職の幅も狭まります。もしピアノの上達を目指すなら、講座や教室を利用してみてはいかがでしょうか。

ピアノ教室に通う

ピアノ教室を選ぶときは、保育士向けコースがあるところを検討するとよいでしょう。レッスンでは先生と相談して、保育向けの曲を取り入れてもらってください。

月謝がいくらぐらいなのかもチェックしておきましょう。大手の教室では月3~4回のレッスンで7,000~10,000円ほどの月謝が相場で、月謝には楽譜などの教材費も含まれています。有名な音楽家などではない個人の教室であれば、月に6,000~8,000円程度が相場です。

通信教育で学ぶ

実技試験の対策を行うことができる通信教育もあります。ピアノ教室に通うよりも安価な料金設定が特徴です。独学で保育士の勉強をしている場合には、ピアノが自宅にない環境も多いかもしれません。

通信講座はカリキュラムにスクーリングが組み込まれたものがあり、授業でピアノ練習ができる機会も用意されます。保育士の実技試験を目指すのであれば、できるだけ多様なピアノに触れ、人前での演奏に慣れておくことをおすすめします。

おわりに
ピアノが弾けないことで、練習が嫌になるだけではなく、音楽そのものが苦手になってしまうとしたらもったいないことです。初心者であっても繰り返し練習すれば、保育の現場でよく使用される曲の弾き語りは十分に可能です。

ピアノに触れる回数を増やし、教室や講座などを利用してアドバイスや指導を受ける機会をもてば、より早く上達を望むことができます。ピアノへの苦手意識を克服して、保育士としてのあなたの可能性を広げてみませんか?

登録はこちら
登録はこちら

参考資料

一般社団法人全国保育士養成協議会
https://www.hoyokyo.or.jp/exam/pasttest/34.html

こちらのエントリーもどうぞ

会員登録(無料)