転職コンシェルジュ

Uターン転職・Iターン転職

最近、転職活動でUターンやIターンという言葉をよく耳にすることが多いのではないでしょうか。2つとも地方での転職活動を指す言葉なのですが、普通の転職とは大きくやり方や準備が異なります。
今回は、地方への転職についてまとめてみたいと思います。

DSC_0891

Uターン転職とは

地方で生活をしていた方が、就学や就職で都会に出てきて生活をし、また出身地に戻り転職をすることを指します。ちなみに生まれ育った出身地以外の地方に転職をすることをJターン転職と言います。

Iターン転職とは

都会で生まれ、都会で就職した人間が地方に転職をし、移住することを指します。

Uターン転職・Iターン転職と普通の転職の違い

通常の転職とは、会社を変えるという認識であり、大きく変わっても業種が変わるという範疇ではないでしょうか。それに対して、Iターン・Uターン転職に至っては生活そのものを変える転職だと言えます。親交関係・日々の暮らし方のようにわかりやすく想像がつきやすいものから家族づきあい・お金の使い方など実際に働いてみないとわからないものまで都会と田舎で生活のスタイルに大きな違いが生じます。Uターンだとある程度は着くでしょうが、IターンやJターンは想像がつきにくいのではないでしょうか。

また、転職活動においても計画的に行なわないと、仕事の合間や終了後などができない・宿泊を伴うなど費用や時間に制約がかかります。

地方で働くメリット

インターネットが流通し、地方と都会での仕事上のメリットの境界線が薄れてことが多いでしょう。もちろん、まだまだ都会の方が仕事上のメリットは大きいですが、自身が慣れ親しんだ土地や充実感を求めて地方に移る人が多くなっています。
自然が多く、水や空気がきれいでピクニックなどアウトドアが気持ちいい・車通勤などがいい会社が多く、通勤時のラッシュから解放される・生活費が安く住み、広い家に住めるなどがあげられます。

地方の企業もECなどを利用し、商業範囲を広げたために優秀な人材がより必要となりました。雇用条件を見直し、Uターン・Iターン転職を受け入れる制度などを整え始めています。宮崎県が記憶に深く刻まれているかと思いますが、国の権限に任せるのではなく、地方自治体がPRをはじめ企業活性化の支援を大々的に行ない、事業促進に力を注いでいます。地方企業も都心で説明会を行ない、社宅などをそろえ人材を地方に移動させることが活発になってきました。

main17

地方で働くデメリット

もちろん、デメリットも存在します。田舎は生活スタイルがのんびりしたイメージが多いですが、仕事の内容はやはり会社次第です。まず、給料ダウンは大体の企業で起こる問題です。(ただし、物価が違うため一概にデメリットとは言えませんが)就職に関して事前に情報収集をきちんと行ない、ライフスタイルをイメージしておくことが重要です。
また、生活スタイルが大幅に変わるのは金銭面だけの問題ではありません。都会では、近所づきあいなどが活発ではありませんが、地方では近所づきあいや町内会の行事などが大切にされているところが多いです。人付き合いが得意な人は問題ありませんが、苦手な人はデメリットになるでしょう。
また、娯楽や物販などどうしても都会より劣るものが多いです。また、交通が整っていないために車の所持が基本となっています。

コンサルタントを利用する

転職活動を計画的に行なう・離れた情報を手にいれる・就職活動が終わったら住居などの生活の手続きや転職手続き。これを一人でやるのは相当大変です。このような場合は、コンサルティング会社を利用しましょう。

登録はこちら
登録はこちら
会員登録(無料)