保育お役立ちコンテンツ

保育士ってピアノが弾けない人でもなれるの?

保育士 ピアノ
~ピアノが苦手な保育士志望の方の疑問・悩みに応えます~「保育士にとってピアノは必須なの?」をわかりやすく解決していきましょう。

保育士はピアノが弾けないと……?

「子どもが大好き!」「保育士になりたい!」そう思って保育士という夢に向かっている皆さんのうち、実は多くの方が抱えている「疑問」「悩み」があります。それは「保育士ってピアノが弾けなくてもなれるの?」「保育士にとってピアノは必須なの?」というものです。この「保育士ピアノ問題」をわかりやすく整理して解決していきましょう。

実はみんな悩んでいる! 「ピアノが苦手」

保育士志望だけどピアノを習ったことがない、ピアノが苦手、という方、たくさんいるんです。保育という未来ある子ども達に関わる、やりがいのある仕事を目指しているのに、ピアノという問題でつまずいてしまうのは、もったいない! だから今回は、「3つの疑問を解決する」という形でお伝えします。3つの疑問とは、以下の通りです。

 

保育士の国家資格取得に、ピアノは必要?

保育の仕事にも、さまざまな働き方がありますが、ピアノの話をするにあたり「保育士の資格を取得して」保育士になることを前提とします。では、その「資格を得る」ときに、ピアノは必要なのでしょうか。実は、答えは「必要ない」なのです。……意外ですね。その理由は保育士の資格を取る試験にあります。保育士資格を取る方法は、大きく分けて2つです。「指定の学校等に通い卒業する」そして「保育士試験を受ける」です。より一般的なのは大学・短期大学・専門学校など「厚生労働大臣の指定する保育士を養成する学校その他の施設」で「所定の過程・科目を履修し卒業する」ことですね。

学校に通っているなら、このピアノ習得法

学校に通う場合には、その学校のカリキュラムによって異なりますが、必修科目にピアノがあるのなら、できないと単位を取れず資格を得られない……ということになります。この場合は「学校で練習する」などの方法でピアノを習得します。学校にはピアノがありますし、周囲には協力を頼めそうな音楽の先生やピアノが弾ける友人等の存在があります。これらの学生であるという条件を生かしてピアノを身につけるのが効率的です。「保育士資格取得にピアノは必要ない」といっておきながら、学校に通うなら練習して習得しましょう、という解決策を最初に紹介してしまいました。ここからはピアノに触らずに保育士の資格を取得する道について説明します。

保育士資格の「実技試験」の中でピアノはどんな位置づけか

指定の学校等に通わなくても、保育士試験に合格することで保育士資格を得ることができます。保育士試験には「筆記試験」と「実技試験」があり、筆記試験に合格したら実技試験に進み、すべて合格して資格取得、という流れになります。このうちピアノが関係するのは実技試験です。「音楽表現に関する技術・造形表現に関する技術・言語表現に関する技術」の3分野うち、2分野を選んで受験します。この「音楽表現」で、事前に指定された課題曲を歌いながら楽器を演奏する必要があります。ということは……。まず3分野のうち「造形表現(絵画を描く)」と「言語表現(物語を口演する)」を選択すれば、楽器を演奏する実技は必要ありません。ピアノは必須ではないんですね。

「音楽」の試験だけど「ピアノ」なし!

さらに「音楽表現」を選んだ場合でも、演奏する楽器は「ピアノ・アコースティックギター・アコーディオン」からの選択です。ピアノが弾けなくてもギターやアコーディオンが得意……という人は多くないかもしれませんが、必ずしもピアノを弾かなくても保育士試験合格への道がある、ということはおわかりいただけたと思います。

保育士となって現場で働く際、ピアノの実力はどう影響する?

ピアノが弾けなくても保育士になるための資格を取ることが可能、ということをお伝えしましたが、仮にピアノを全く弾けない人が保育士になったとして、保育園等の現場で働くときには、仕事にどのような影響があるのでしょうか。これは、ケースによって異なるのですが「ピアノが弾けなくても大丈夫」という保育現場も存在しています。例えば、施設の規模や場所等の事情からピアノがない、という場合。ピアノ以外の方法で「音楽の時間」に取り組みますから、演奏の必要はありません。

自分の「得意分野」と「苦手なピアノ」を分担

施設の規模や場所等の事情からピアノがない現場もあります。同僚の保育士にピアノの得意な人がいて、ピアノ担当はその人に任せて「あなたは別のことを担当してください」というケースもあります。別のことというのは歌や、歌に合わせた振り付け、ピアノ以外の楽器等です。また、音楽の時間以外の別の仕事を分担する場合もあります。得意分野でフォローし合う形で「ピアノ」という苦手分野をカバーできる場合もあるのです。このように、保育士資格を取り、就職の際に「ピアノが弾けなくてもOK」としている職場を選ぶことも可能なのです。

保育士にピアノが求められることは多い

ただ、多くの保育現場で「ピアノが弾ける保育士」が求められていることは確かです。子どもにとって音楽は大切なものですし、その楽しさを子どもに知ってもらう方法として保育現場でメジャーなのが「先生のピアノに合わせて歌う」ことだからです。だから、やはり現場ではピアノが弾けることが保育士としての仕事を充実させる条件のひとつになっていることも多く「ピアノは弾けたほうがいい」が共通認識だと思ったほうがいいようです。

ピアノが弾けることでいろいろな選択の幅が広がる

音楽教育やリトミック等に力を入れている保育施設も増えています。実際に、就職試験でピアノの実技試験を課している保育施設は多いので「この保育園は自分に合っているからぜひ就職したい」と思っても、ピアノ試験があるから諦める、ということになったらもったいないですね。ピアノが弾けることで職場や、やりたい保育の選択肢が広がるなら、ピアノに挑戦する価値は十分ですよね。

保育士のピアノの「実技」は、どうやって身につける?

保育士はピアノが弾けなくてもなれるけれども、ピアノが弾けたほうが、保育士としてのさまざまな選択肢や仕事の幅が広がる、とお伝えしてきました。ここからは、保育士を目指す、保育士としてがんばっていくならピアノを身につけてみましょう、という視点で話を進めていきます。ではピアノが苦手な保育士志望者は、どのようにしてピアノの「実技」を身につけたらいいのでしょうか。

環境を最大限に生かしてピアノ習得

ピアノが弾けない、苦手という人が保育士を目指しピアノを練習するケースとしては「学校で習う」「教材等を使って独学で習う」「レッスンに通う」などがあります。学校で習う、というのは保育士養成の大学・短大・専門学校等に通っている場合ですね。すでに説明したようにピアノが必修科目となっている場合も多く、学校にあるピアノで練習することが可能です。学校という環境が整っていても苦手意識があって練習がつらいこともあるかもしれません。とはいえ学校で課題とするのは比較的、難易度の低い曲であることが多く、学校の先生もポイントを押さえて教えてくれます。友人や上・下級生といった仲間と教え合ったり、コツを伝え合ったりして習得を目指すこともできます。積極的な姿勢で学校の環境を最大限、利用するとよいでしょう。

通信教育で学ぶ場合のピアノ習得

学校等に通わずに保育士になる勉強をしている人は、まずピアノがある環境が整っていない場合もあります。例えば通信講座等で学んでいる人は、テキスト等が整っていても自宅にピアノがないと実技の練習はできません。この場合、通信講座のカリキュラムによって異なりますが、ピアノ等の実技は実際に教育施設に通って授業を受ける方法が取られます。

ピアノが身近にある場合

家にピアノがある、または、ピアノを借りることができるなどの環境にある人が独学で習得する場合には「ピアノの通信教材」なども選択肢のひとつです。映像や楽譜が届き、それらを使って自分で練習する形となります。自分で演奏している映像を撮影して通信教育の指導者に送り、アドバイスをもらう形式のもの等もあります。また、インターネットを活用するのも良い方法です。初心者向けの楽譜をダウンロードできたり、自分が鍵盤を見ているかのように手元が映された動画を見られたりします。

苦手意識を克服しよう! ピアノが苦手な保育士にぴったりの練習方法って?

ピアノを「習いにいく」

ピアノを持っていない人が「習う」形として一般的なのは「レッスンに通う」ことです。自宅近くなどのピアノ教室に通って、直接指導を受けて習得していきます。教室によっては「保育士コース」のように、保育士に特化したレッスンをしてくれるところもあります。期間や料金もさまざまですが、やはり直接、教えてもらえる安心感から人気も高いようです。

自分に合う方法で、目的に向かって練習を!

保育士にとって、ピアノは「絶対に必要」とは限らないけれども、弾けるとメリットがたくさんある、という存在です。ピアノが苦手でも、自分に合う方法を試しながら「少しずつでも上達したい」という気持ちで努力すれば、技術は身についていきます。「できない」と決めつけてしまわずに、挑戦する心を持ちましょう。「上手に弾く」必要はありません。保育士のピアノは、子ども達に音楽を楽しんでもらうためのものです。保育士になってから、子ども達と笑顔で歌う現場での実践の中、楽しみながらピアノを上達させていく人もたくさんいます。ピアノが主役ではなく、子どもが主役。そう考えて、前向きに、自分ができる努力をしてみることをお勧めします。

登録はこちら
登録はこちら
会員登録(無料)