保育お役立ちコンテンツ

裸足保育で運動能力促進!?土踏まず形成による知られざる効果とは

裸足保育 保育
裸足保育を実施する保育園は多いですが、実際にはどのような効果があるのでしょうか。今回、それを探ってみましょう。

みなさんは「裸足保育」という言葉を耳にしたことがありますでしょうか?最近、注目を集めていることもあり耳にはしたことがあるという人も多いでしょうし実際職場で実践している人も多いかもしれません。

しかし、そもそもなぜ裸足で生活することが子どもたちのためになるのでしょうか?よくわからないまま職場でなんとなく裸足保育を行っている人もいるかもしれません。

そんな皆さんのために、今回ははだし保育とは何かということからそのメリット・デメリットを紹介し、裸足保育のすべてを知ってもらおうと思います。

裸足保育とは?

裸足保育とは読んで字のごとく子どもたちをできるだけ裸足で生活させるようにしようとする保育方針のことを言います。基本的に最近の都市化の反動として、できるだけ昔ながらでできるだけ自然に近い生活をして健康な体作りをしていこうという動きの一環であるといえるでしょう。

保育園や幼稚園だけではなく、小学校などでも取り入れられているところもあるようで最近ではますます注目を集めています。

屋内での活動の時はもちろんのこと、屋外での活動の時も裸足で遊ぶようにするところもよく見受けられます。確かに、昔の子どもたちは夏だろうと冬だろうと裸足で駆け回っていましたよね。

では、実際裸足で生活することにどんないいことがあるのでしょうか。次は裸足保育のメリットを紹介していきたいと思います。

裸足保育のメリット

土踏まずの形成

裸足保育のメリットとしてまず一番多くあげられるものは「土踏まずの形成」です。

一体どういう意味なのでしょうか。

生まれたての赤ちゃんの足を思い浮かべていください。きれいな曲線を描く足を思い浮かべるかと思います。成長につれて歩いたり走ったりするようになってくると、その足に土踏まずが形成されていきます。

しかし、近年クッション性の高い靴や寝るとき以外はほとんど靴下をはいている生活習慣が原因で子どもたちの土踏まずの発達が遅れているといわれています。一般的に小学校入学のころまでには土踏まずが完成しているべきだといわれていますが、近年では多くの就学時が土踏まずのない、いわゆる偏平足のまま小学校入学を迎えているようです。

では、なぜ土踏まずがないといけないのでしょうか?

土踏まずは我々人類が最小限の力で歩くためにはなくてはならないものなのです。土踏まずがないと極めて非効率的な歩き方になってしまいすぐ疲れてしまいます。さらに、体の他の部位がどんどん成長していく中で、足の骨格だけが生まれた時とほぼ同じ状態となってしまうので体全体のバランスに悪影響を与えます。

逆に土踏まずをきっちりと形成することにより、最小限のエネルギーで歩いたり走ったりすることができるようになるほか、体のバランスもきっちり取れるため子どもたちの運動能力を大きく向上させることができます。実際、裸足保育を実践した結果子どもたちが転んだりけがをしたりすることが減ったという報告もあり裸足保育の効果を表しています。

足の裏を刺激!

 

裸足保育

 

足の裏は時に、「第二の心臓」などと呼ばれたりすることがあります。足つぼマッサージなど、足の裏を刺激して全身を健康にしていこうというものもあるくらいです。

でも、よくよく考えてみると最高の足つぼマッサージって裸足で生活することではないでしょうか?いろいろなものを踏み、常に刺激を足の裏に与える。

これこそがもう1つの裸足保育のメリットです。

足の裏など、体に刺激があったとき大脳が反応します。子どもたちの大脳を発達させるにはいろいろな刺激を与え続ける必要があります。裸足保育はまさにそれにもってこいなのです。

さらに足の裏からさまざまな刺激を受けることによって、子どもたちの足の裏がより繊細になります。足の裏の繊細な感覚、例えば地面の滑りやすさ、傾斜などを細かく感じ取れる足が育ち、あまり転ばなないようになるといわれています。

さらに、地面のすべすべ感、デコボコ感、冷たさ、温かさ。いろいろな感覚を足の裏で感じることによって、子どもたちの五感も養うことができるのも裸足保育の大きなメリットの一つといえるでしょう。

風邪予防になる

これは多くの人にとって驚きかもしれません。裸足で生活して足が冷えてしまうのになぜ風邪予防になるのでしょうか。

先ほども紹介したように、裸足で生活することによって足の裏からさまざまな刺激を常に受けることになります。その結果、足を裏から全身の血行が促進され体がポカポカするわけです。足つぼマッサージを受けた後に、体がポカポカする感覚と似ています。

体がポカポカになり、風邪にも強い丈夫な体作りができることも裸足保育の大きなメリットの1つといえるでしょう。

裸足保育のデメリット

さて、これまでは裸足保育のメリットを紹介してきましたが、もちろん裸足保育は子どもたちをみんな健康にできる魔法の呪文ではありません。

次は、裸足保育のデメリット、裸足保育を行う際に気を付けるべきことを紹介していきたいと思います。

けがの危険性

やはり、裸足保育を行う上で一番の危険といえばけがでしょう。石や画鋲などで足の裏を切ってしまうことも十分に考えられます。もしガラスの破片などが地面に落ちていた場合は大けがにつながる危険性もあります。壁の角などに足をぶつけてしまった際も裸足であればけがをする可能性が高くなるでしょう。

また、真夏のアスファルトやコンクリートの上を裸足で歩いてしまうとどう考えてもやけどをしてしまいます。逆に冬の冷たい床の上で無理に裸足保育を行うとしもやけになってしまう可能性も十分に考えられます。

実際、裸足保育を実践し、推奨している多くの保育園や幼稚園も時期で区切って寒い時期には裸足保育を控えているところが多くあります。

健康を促進するために裸足保育でけがをしてしまっては元も子もありません。裸足保育を行う際は、お住いの地域の気候や実情に合わせて無理のない範囲で行ってください。

衛生面

けがの次に心配なのが衛生面です。

子どもたちはいろいろなところを走り回って遊びます。外で走り回って遊べば土や泥などをいっぱい足につけて帰ってくるでしょう。それをいちいちキレイに拭いてあげる必要があります。

靴下を履かずに、靴を履いて外で遊ぶという裸足保育のあり方もありますが、そうすると靴のなかが汗などで汚れやすくなってしまいます。靴下なら簡単に洗濯することができますが靴となるとそうは行きません。裸足のまま直接靴に汗をかくことになりますので靴の内部がいろいろな雑菌が繁殖しやすい環境になります。

まだ、切り傷などが足にあるとそこから雑菌が入り込み傷口が化膿してしまう可能性もありますので、子どもたちの足のけがには細心の注意が必要になります。

さいごに

今回は裸足保育とは何かということから、裸足保育のメリット・デメリットを紹介しました。確かに裸足保育には危険な点もいくつかありますがそれはどれも大人がきっちりを気を付けてあげればある程度は解決できるものだと思います。

まずは、水辺や芝生の上など裸足が気持ちいい場所で大人も子どもと一緒に裸足になってみることから始めてみてはどうでしょうか。裸足になることは子どもたちだけではなく、大人にもいい影響があるのでおすすめです。

くれぐれも無理をせず、心地のいい範囲で裸足を楽しんでみてください。

登録はこちら
登録はこちら
会員登録(無料)