保育お役立ちコンテンツ

ブランクでも大丈夫!?保育士さんの転職事情

出産や育児、他の職業に就かれて保育士を離職した方が、また保育の現場に戻ってくることはよくあります。しかし、戻ってくる方は離職時間が長ければ長いほど、不安がつきまとっているのではないでしょうか。

ブランクでも大丈夫!?保育士さんの転職事情

 出産や育児、他の職業に就かれて保育士を離職した方が、また保育の現場に戻ってくることはよくあります。しかし、戻ってくる方は離職時間が長ければ長いほど、不安がつきまとっているのではないでしょうか。

今回は、そんな方のためにブランク復帰時の転職での注意点をご説明します。

体力的な問題はどうだろう

現役で働いている頃を思い出すと、意外と体力を使う仕事だったと思い出しますよね。ブランク明けの場合でも、他の職に就いていてそこそこ体力的な仕事だったら大丈夫ですが、そうでなければ不安を覚える人も多いと思います。

確かに、現場から長く離れ年齢も重ねられたときに急に現場に戻りかつてのパフォーマンスをだせるかというとなかなかうまくは行かないですよね。そのような場合は、転職エージェントに相談して条件の良いところを紹介してもらうのもありですが、まずはパートや派遣など時間を限定し働ける場所で、徐々に体を慣らしていきましょう。この方法ならば、朝早くや急な残業などの調整がしやすいのでブランク明けの感覚を取り戻しながら体の負担を最小限に行なうことができます。

ブランクからの戻りは何を想定すれば良い

ブランクがある人とない人を比べると、もちろんない人の方が転職は有利です。だからといって、ブランクがある方が転職できないという訳ではありません。

まず、自分自身の中で問題点をつくってしまっていないか確認してみてください。ブランクに不安を覚えていないでしょうか。新しい保育の知識や変化に対応できるか、子供や保護者とのコミニケーション、知識や技術はどこまで覚えているのかなど自分で必要以上に考えてしまっているのではないでしょうか。不安に思うのは仕方ないことかもしれませんが、自分で追い込んでしまっても良い結果は出ません。まずは、行動して不安を少しずつ払拭していきましょう。

ブランクがある人も可能な求人は意外と多いです。転職サイト、求人サイトにはブランクがある人が転職するための勉強海が開かれており、実習などが開かれております。

ブランク時点でのアピールポイント

ブランクは確かにマイナスの評価を受ける可能性も高いですが、資格だけでなく経験があるということは立派なアピールポイントです。過去の経験や試行錯誤したことをきっちりまとめていきましょう。

子育てのために離職した場合

妊娠・出産で育休の意味も込め離れていた方は、子育て経験は大きな強みになります。

自分の子供を差立てた経験は、子供の気持ちを理解するのや保護者とのコミュニケーションに関して大きな前進をもたらすでしょう。

違う業種で働いていた場合

保育以外の現場で働いていて、ブランクができてしまっていた場合はその業種で何をやっていたか、そしてそれを保育でどう生かせるかと何故、保育に戻ってきたかがポイントとなります。マナーやコミニケーション能力などのビジネス能力をアピールし、どうやれば園が効率的になるかなどを期待してもらえるように組み立てましょう。保育の現場を離れ、どのように考えが移り変わり戻ったかもしっかり組み立ててください。

また、保育の現場においては復帰は明確な目的があり、意欲も高く雇用条件などに問題が無ければ長期の勤務が見込めるので、メリット採用者側から見ても充分見込めます。

保育求人の探し方

 いきなり就職して現場に飛び込んでも、前と違い戸惑ってしまうかもしれません。戸惑っている姿が園の第一印象だと、何か悲しいものがありますよね。まずは、保育の現状の確認として、再就職支援プログラムや復職支援セミナーに通い、現在の保育状況を確認してみましょう。自治体が運営していることが多く、場所によってはブランクがある方向けの求職があるみたいです。

また、転職エージェントを利用するのも良いでしょう。専門のカウンセラーからアドバイスをいただけますし、就職のサポートや面接時のアピールもしっかり教えてもらえます。

 

登録はこちら
登録はこちら
会員登録(無料)