保育お役立ちコンテンツ

職場の人間関係は重要!上手い上司のつきあい方とは

保育士 人間関係
職場での人間関係は、離職理由でも上位を締めます。その中でも、上司とのつきあい方は非常に重要な内容と思われます。

職場での人間関係は、離職理由でも上位を締めます。その中でも、上司とのつきあい方は非常に重要な内容と思われます。

もちろん、悪い意味だけではなく根底には上司は人事や経営面・責任などの問題もあり保育士を中心とした考え方はできないというものがあります。また、バックグラウンドや個性なども違うため、どうしても主観で考えられてしまうことがあるでしょう。

転職を考える上で、人間関係で大切なことは、人間関係が恵まれている園を選択することと人間関係をうまく構築する方法を入ったときにできるかです。

今回は、ついしてしまう上司との問題になる所作の紹介です。

年齢は社会において敬意の対象にならない

年齢は下でも役職が上なんてことは最近、よくあることですよね。このようなときに念頭に置いておかなければならないのは、年齢は社会では優位ではないということです。確かに年下の人間にため口や年齢口調は腹が立ってしまうかもしれませんが、それを上司が見抜いてしまうと、良い人間関係は築けません。

年齢や立場にかかわらず、相手に敬意を持って働くのが社会人のルール。上司の方も、敬語や敬称を用いて接することに注意しましょう。

報連相の仕方を確認しておく

報告・連絡・相談はとても重視されます。小さな子供を任せられるのですから責任は重大ですし、小さなことだと思ってことが大きなことになってしまう場合も多々あります。そのため、そのやり方に違いがあり、上手く伝わらないなどは思ったよりも大きな障害となります。

この頃、連絡手段は通信というものが導入されている園もあり、やり方が園ごとに異なっている現状があります。手描きで日誌を記録している園もあれば、社内でパソコンで日誌を記載するところ、メーリングリストを使用し自宅での記載をする園もあるでしょう。また、Google スプレッドシートなどを使ったSNSネットワークや口頭にこだわるところもあるでしょう。前の園ではこうだったや手描きが古いなどと思っても、それで今まで園ではスムーズに通っているのでそれにまずは合わしていきましょう。

苦手意識のあまり距離をとらない

人間である以上、好き嫌いや苦手意識は生まれます。しかし、このような感情から上司と距離をとってしまうと、ますます溝ができてしまうばかりです。

コミュニケーション不足は、業務に当たる部分でも足を引っ張ります。情報共有は、仕事の基礎であり、できないことはミスやトラブルに発展します。また、子供は意外と雰囲気に敏感です。多感的なときですし、大人のトラブルを子供に感じさせてはいけませんよね。

まとめ

人間なのであう・あわないは確実に存在します。しかし、あくまで仕事ですので自分の感情を抑えることは重要です。あくまで重要なのは、業務が円滑に進み子供が楽しく過ごせる保育園をつくることと、あなたが長く快適に園で働くことです。その為に、できる限り人間関係がスムーズにいけるように努力しましょう。

1分でカンタン登録 保育士の求職を無料でサポート 無料会員登録
1分でカンタン登録 保育士の求職を無料でサポート 無料会員登録

こちらのエントリーもどうぞ

会員登録(無料)
かんたん登録
お電話でのお問合せ