保育お役立ちコンテンツ

良い人間関係をつくるには 先輩保育士としての注意点

保育士 人間関係
人間関係に悩んで転職をする人も多いですが、転職を受け入れるときの先輩保育士の態度はっどのようなものが良いのでしょうか。

職場での人間関係は、離職理由の大きな要因となっています

保育士として、転職をする上での人間関係は、求人では確認できませんが調べたりコンサルに相談して対応できましが、転職を受け入れる側、つまり先輩保育士になる場合は後輩を選べません、保育士不足の時に自分や周りの行動でせっかく来てくれた保育士さんが辞めてしまった場合はやりきれないですよね。ましてや、自分に悪気がないならなおさらですよね。仕事の負担も増加するばかりです。

今回は、先輩保育士として気をつけるべきポイントを押さえていきましょう。

押しつけがましい

ついやってしまいがちな行動が押しつけがましさです。新しく来たばかりでわからないだろうとついついかまいがちになってしまいますが、保育士さんは新卒ではないのです。施設の使い方や園ごとのやり方に戸惑いもありますが基本的なことはわかっています。わかっていることをいちいち言われると保育士さんによっては「私、頼りないと思われているのかな」など納得がいかなくなる人も出てくるのではないでしょうか。

意見や支持が前と違う

支持に一貫性がない人が時々いますが、その行動は後輩に不安と不満をもたらせます。「どのような基準で働くのかがわからない、実際はどちらが正解なのか」。これでは、応用が利かないためいちいち後輩の保育士さんは行動を一つ一つ確認しなければなりません。指示には一貫性を持たせましょう。

好き嫌いで態度を変える

転職してきたばかりの保育士さんは先輩の行動を観ているものです。自分の好き嫌いで行動や言動にだしてしまっている場合は、自分も嫌われたら同じように扱われるのではないか不安に思ってしまうでしょう。モラルの点からも好き嫌いで態度や言動にだすのは気をつけましょう。特に陰口を言うことは、ほんの少しの愚痴のつもりでも

他の人と比較される

これも良く言う人がいますが「誰々は、もっと要領が良かった」などとよく言う人がいます。それはどういう形で確認するのでしょう。それが本当かどうかもわかりませんし、それを言って何かが変わるわけではありません。ましてや、その部分が負けても他の部分では負けていないかもしれません。そういうことを言う人ほど、優れた点などは認めてくれない傾向がありますしね。できないことをサポートしできるようにするのが先輩保育士としての勤めですよね。

自分のことを棚に上げる

人のことはよく言うのに、自分に対しては甘いことがよくありますよね。人に指示を出したり教えたりするなら自分でまずはできなければなりません。後輩から「この人は仕事ができないし、見習いたくないな」と思われたくないですよね。

自分の仕事を押しつける

教えるにかこつけて自分の仕事を任してしまうことになっていないか気をつけてください。自分では、仕事を覚えるためにしていても相手にそうだと思われてしまうだけでせっかくの行為がマイナスになってしまいます。

就職・転職して人間関係の良い園にはいれたとしても、それを維持しなければやはり人間関係で悩まなければなりません。新しい人間に問題がないわけではありませんが、その時は自分が先輩なので後輩をコントロールして良い人間関係を作り出していきましょう。

登録はこちら
登録はこちら
会員登録(無料)