保育お役立ちコンテンツ

子育てに役立つ自治体連携アプリ!世田谷区の取り組み施策とは

子育てアプリ 世田谷区
最近、子育てアプリをよく見かけますが世田谷区では自治体が積極的に子育てに取り組んでいます。今回は、それを確認してみましょう。

世田谷区では、子育て支援の一環として子育てのためのアプリを世田谷区子供・若者部の子ども育成推進課が作成し配信しています。

家庭で、子育てや保育園の情報を取得できる保育アプリをしっかり確認しておきましょう。

核家族やひとり親世代、地域のつながりの希薄化などにより子育てする親に寄り添いが少なくなり、出産や子育てなど不安を抱える時期に相談できずに余計な不安を与えてしまうという課題が生まれています。このような負担を軽減することを目的とした子育てアプリを配信いたしています。

妊娠期から未就学までの子育て家庭を対象にし、日常的に使用しているスマートフォンで見ることによる自分のペースで自分に合った子育て情報を取得できるようになっています。受動的に子育て施設や事業の情報や必要な情報を取得できることで孤立化や不安感の減少を目的として「子育てしやすいまち」を目指しています。

機能

保育施設の情報検索

保育施設の検索や空き情報を確認できる機能が備わっています。これにより、利用者の適切な情報が行き届き、ミスマッチを減少させ利用者をスムーズに結び付け、待機児童を減少させることが可能です。

保育施設は施設形態、最寄り駅、現在地からの距離、延長保育の有無で絞り込んで検索できます。これを使用すればすぐに通園できる範囲がわかりそれぞれのスタイルに合った施設や事業をマッチングできます。

・オムツ替え・授乳スペースの検索

・公園・児童館・おでかけひろば等の検索

・幼稚園、保育施設の検索

お知らせ配信機能

よくある子育てイベントだけでなく、保育園の地域交流の情報をわかりやすい形で配信し、地域の子育てや世田谷区の施設サービスと繋がることで、子育て家庭同士の交流にもつなげていきます。地域や自治体、保育園などの交流も促進させていくことで、地域での連携をスムーズにし質の高い保育を目指せます。

自動情報伝達機能

子どもの生年月日を登録すれば、健康診断や予防接種の情報等が年齢や時期に応じて配信されてきます。必要な情報が必要な時に入手できるので初めての子育ての方には特に嬉しい機能となっています。

子育て支援ナビゲーション

「妊娠・出産」「子育て支援」ボタンから、子育て支援情報から申請/手続きに関しての情報を閲覧できます。フリー検索で必要な情報を探すこともできるので要活用です。

施設空き情報検索

現在、空きのある保育施設を一覧表示させます。必要に応じて地域/施設種別・年齢により絞り込み、子どもに会った条件の保育園の空き情報を探すことができます。

緊急情報検索

緊急時に必要な情報を検索できます。主な項目に24時間診療を行なっている病院)を閲覧する機能です。

考察

世田谷区は、東京都で最も人口が多く90万人が生活しています。広い公園があり、住宅内に畑などの景色も見られることから自然に触れられる環境がしっかり残っていて子育てしやすい環境です。待機児童の解消に向けて私立保育園と力を合わせるなど、積極的に動いています。人口が多いため、保育園などの混雑をしっかり把握でき、一人一人がしっかり確認できる自治体と連携している子育てアプリの需要はとても高い施策と言えるでしょう。

登録はこちら
登録はこちら
会員登録(無料)