保育お役立ちコンテンツ

妊娠中も産後も!ママのキレイをつくる甘酒の効果がすごい

保育 妊娠
甘酒の持つ効果と、おすすめの飲み方をご紹介します。

妊娠中や産後は、ママの体にさまざまな変化が起こる時期。見た目にもダメージが表れやすいため、鏡にうつった自分の姿に愕然としてしまった…なんて経験を持つ人も多いのではないでしょうか。そこでおすすめしたいのが、「甘酒を飲む」という習慣づくり。日本で古くから親しまれている甘酒ですが、実は美容効果が高いドリンクとして、近年注目が集まっているのをご存じでしたか?今回は甘酒の持つ効果と、おすすめの飲み方をご紹介します。

なぜ?妊娠中や産後に肌荒れしやすい理由

妊娠・出産は体にさまざまな影響をおよぼすもの。肌が荒れやすくなったり、化粧のりが悪くなったり…なんて経験、出産経験者なら思い当たるのではないでしょうか。

妊娠中は分泌が急増するエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモン。出産を終えると、これらのホルモンの分泌量が急激に減少するため、ホルモンバランスが安定せず、肌が荒れやすい状態になるのです。

また、妊娠中や産後は便秘を起こしやすいこともひとつの原因です。さらに産後は、慣れない育児へのストレスや不安、新生児育児の細切れ睡眠といった要素も加わるため、肌はもちろん、体のさまざまなところに不調をきたしやすい状態になっているといえるでしょう。

とはいえ、不慣れな育児に追われる産後は、「自分のことに時間をかけられない」と悩むママが多いもの。たくさん眠ってくれる赤ちゃんもいれば、昼夜問わず泣きどおしの元気な赤ちゃんもいますから、スキンケアに時間をかけたり、栄養価の高い食事をしたり…という余裕をもてる人はそう多くないものかもしれません。つい自分のことが疎かになってしまいがちですが、産後のダメージはできるだけ最小限に抑えたいもの。そこでぜひ摂り入れたいのが「甘酒」です。

女性にうれしい「甘酒」の効能

日本では江戸時代から飲まれていたという甘酒。最近では、永作博美さんや井川遥さん、檀れいさんなど、美人女優や芸能人が「美容のために甘酒を飲んでいる」と明かし、美容にアンテナをはっている女性のあいだで注目を集めています。では、甘酒にはいったいどんな効果があるのでしょうか。

「飲む点滴」と呼ばれるほどの栄養価

その栄養価の高さから「飲む点滴」とまで呼ばれている甘酒。ブドウ糖、ビタミンB群、アミノ酸などの成分が含まれる米麹の甘酒は、体調不良のときに病院で打つ栄養点滴の成分ととても似ているといわれています。ですが甘酒は、「ただ健康にいい」だけではないんです。

※甘酒は大きく分けて二種類。米麹からつくられる甘酒と、酒粕からつくられる甘酒がありますが、酒粕が原料となっている甘酒は微量にアルコール分を含むため、妊娠中や産後のママには「米麹の甘酒」がおすすめです。ここでは、米麹の甘酒についてご紹介します。

妊娠中や産後に甘酒を飲むメリットは?

つわり時の栄養補給に

妊娠初期に多くの人が経験するつわり。食べ物を見ると気持ち悪くなる人もいれば、食べ続けていないと気持ち悪くなってしまう人、眠くなってしまう人…とつわりのかたちはさまざまですが、「食事が苦痛」と感じる人は多いものです。「飲み物ならなんとか口にできそう…」という状態であれば、ぜひ甘酒で栄養補給を。甘酒にはアミノ酸がたっぷりと含まれているので、体の疲れをとってくれる効果が期待できます。

便秘解消に

妊娠中のマイナートラブルとしてよく挙げられる「便秘」。妊娠前は便秘知らずだったのに、妊娠中はスムーズに排泄できずにびっくり…なんて人も多いのではないでしょうか。
妊娠すると、黄体ホルモンと呼ばれるホルモンが活発に分泌されるようになり、子宮の収縮をおさえるというはたらきをします。ところがこの黄体ホルモンには、腸の運動が鈍くなってしまうという影響も。そのほか、つわりでうまく水分が取れなかったり、大きくなった子宮に圧迫され、腸の動きが鈍くなってしまったり…と、妊娠中はとても便秘しやすい状態になります。

甘酒には、便秘解消に効果があるとされている食物繊維が含まれているほか、腸内環境を改善してくれる天然のオリゴ糖が豊富に含まれているため、便秘に悩まされている妊婦さんであれば、ぜひ積極的に摂りたいですね。

体重管理に

妊娠中は急激に体重が増えてしまわないよう気をつけたいもの。とはいえ、妊娠中は過剰な運動や食事制限をするのはNGです。そこでおすすめしたいのが、「朝食を一杯の甘酒に置き換える」というダイエット。これは、朝に甘酒を飲むことで満腹感と栄養をしっかりと摂取できるというもので、実際にテレビ番組でも紹介された方法です。甘酒には脳をシャキッとさせてくれるブドウ糖が豊富に含まれているため、朝食を摂る習慣がない人や、朝はなかなか食が進まない人にもおすすめですよ。

母乳育児の栄養補給に

母乳

 

体力勝負といっても過言ではない母乳育児。ママの食事が母乳の質に影響する…という意見には賛否がありますが、せっかくだからママの体にもいいものをたっぷりと摂りたいものです。そんな産後の栄養補給にも甘酒はぴったり。体の代謝をアップさせてくれる甘酒には、血行促進や冷え予防といった効果も期待できるため、ぜひストックしておきたいですね。

ママのキレイづくりに

妊娠中や産後は、体重が増加するだけでなく、肌がくすみがちになったり、シミができやすくなったり…と、肌にも影響が出やすくなるもの。甘酒には、メラニンの生成を抑えてくれるはたらきをもつ麹酸が含まれているほか、肌荒れを防いでくれるといわれているビタミンB群が含まれています。キレイなママでいられるよう、ぜひ積極的に摂取したいですね。

甘酒にプラスαでもっと飲みやすいドリンクに

そのままいただいてもおいしい甘酒ですが、独特のにおいがあるため、人によっては飲みにくいと感じることがあるかもしれません。そんなときは、豆乳や牛乳で割って飲むのがベター。甘酒特有のにおいが消えるほか、牛乳や豆乳の栄養素もプラスで補給することができるため、妊娠中や産後の女性はもちろん、幼児や成長期の子どもたち、高齢者にもおすすめです。
温めて飲むのはもちろん、つめたく冷やしてもおいしくいただけますよ。

白水舎乳業の「牛乳でできた甘酒」の効果がすごい

大正8年創業の老舗乳製品メーカー白水舎乳業も、甘酒の栄養価の高さに注目。その結果、誕生したのが、米麹と生乳を独自の技術で発酵させてつくられた乳飲料「百白糀(ひゃくびゃくこうじ)」です。美肌づくりやダイエット、栄養補給に…とさまざまな効能があるとされる甘酒に、牛乳のタンパク質をプラスすることで、より健康や美容にアプローチ。おいしく飲める健康飲料として、美容雑誌や高齢の方向けの健康誌などで取り上げられている商品です。甘酒よりも飲みやすく、ヘルシーにいただけるので、妊娠中や産後の栄養補給にストックしておくといいですね。ぜひ、お取り寄せしてみてください。

白水社乳業オンラインショップ

登録はこちら
登録はこちら
会員登録(無料)